人気ブログランキング |

カテゴリ:秋田県( 422 )

 

県立大20周年

 公立大学法人秋田県立大学(小林淳一理事長兼学長)が開学20周年を迎え、きょう秋田市で記念式典と祝賀会が開かれました。
f0081443_23231164.jpg
 (写真・関係者ら350人が参加した記念式典。ホテルメトロポリタン秋田)

 (執筆中)

by shouichiro_sato | 2019-06-07 23:26 | 秋田県 | Comments(0)  

野生鳥獣

 県内でクマ、シカ、イノシシの目撃が急増しているのを受け、人間と野生鳥獣のすみわけを探る「秋田県鳥獣管理共生ビジョン策定協議会」が発足しました。駆除一辺倒だった従来の方針を見直し、実情に合った被害防止対策など、中長期的なビジョンを年内にまとめます。

 昨年に目撃されたのはクマ920頭、シカ84頭、イノシシ102頭で、いずれもここ数年で大幅に増加。特にイノシシは5年前に2頭が県内で初めて確認されてから、約50倍となっています。確かに当地でも、最近はクマやイノシシの目撃情報が寄せられています。

 耕作放棄地が増えてきたり、里山も管理が不十分で野生鳥獣の住処が拡大。一方で狩猟者が減少しており、鳥獣にとっては住みやすい環境?になってきているのでしょうネ。

by shouichiro_sato | 2019-06-01 22:23 | 秋田県 | Comments(0)  

世界禁煙デー

 5月31日は「世界禁煙デー」。健康寿命日本一を目指す秋田県は、秋田駅で禁煙を呼びかける街頭キャンペーンを行いました。

 タバコが健康に与える影響が大きいことは理解されていても、喫煙する人は多くいます。県内の調査では、30~50代の働き盛りの男性の喫煙率が高いとか。さらに、飲食店や職場で受動喫煙に遭う割合が高いことも分かっています。

 秋田県では「受動喫煙防止条例」を制定するため、来週始まる6月県議会に条例案を提出します。

by shouichiro_sato | 2019-05-31 23:14 | 秋田県 | Comments(0)  

男鹿半島

 久しぶりに男鹿半島を一周してきました。道路事情も良くなっており、壊れていた西海岸沿線の建造物が撤去されるなど、環境が改善されていました。鮮やかな新緑と海の輝き、起伏にとんだ海岸美など、男鹿半島の魅力を体感しました。
f0081443_22154140.jpg
f0081443_22160093.jpg
 (写真・男鹿水族館GAOにいるホッキョクグマの雄「豪太」と雌「ユキ」)

 今月24日には船川港台島字鵜ノ崎にある県水産振興センターの栽培漁業施設が竣工するほか、来月には北浦にある雲昌寺の紫陽花が見頃に。桜島にあるホテル(旧きららか)も新たな経営者のもとで改修工事進めており、7月には再オープンの予定。

 以前の男鹿とはまた違う発見がありますので、皆さんどうぞお出かけください。

by shouichiro_sato | 2019-05-16 22:19 | 秋田県 | Comments(0)  

新幹線整備

 秋田県奥羽・羽越新幹線整備促進期成同盟会(会長・佐竹敬久知事)の総会が開かれ、両新幹線の早期整備に向けて、国への要望活動や県民への啓蒙活動に力を入れることを確認しました。両新幹線は1973年に国の基本計画に盛り込まれたものの、着工の見通しは立っていません。

 シンポジュームの講師は京都大学名誉教授で富山大学副学長の中川大氏。中川氏は「新幹線を核とした地方公共交通網再構築の必要性」と題して講演し、地方における公共交通変革は急務であり、大きな発想転換と政策転換が必要だと強調。「以前は最も進んでいると考えられていた日本の公共交通は、ここ数十年間は停滞しており、欧州や中国に遅れを取っている。核となるべき新幹線の地方展開が著しく遅れていることが要因の一つだ」として、国の責任で基本計画の速やかな実施を求めました。

 また、高速鉄道整備に対するマスコミによる恣意的な風評流布を検証し、正確な評価を確立する必要があるとも述べています。

by shouichiro_sato | 2019-05-15 21:33 | 秋田県 | Comments(0)  

「若者の夢」支援

 秋田県ではきょうから、若者の夢を実現する支援事業の募集を始めました。海外での修行のための渡航費用や起業などの準備費用などとして、3年間で最大400万円を助成する事業です。対象となるのは、原則、県内在住で18歳から40歳未満の個人や団体です。

 「若者チャレンジ応援事業」は県が2019年度当初予算の目玉にしているもので、若者の挑戦を後押しし、県内への定着や回帰を促す狙いがあります。具体的には飲食店の開業やデザイナーとしての独立、人工知能(AI)などの最新技術を活用した事業展開のための海外研修などを想定。計画から実現までの各段階で、県内外の専門家などの助言も受けられます。

 募集期間は5月20日。応募状況を踏まえて7月中旬~8月中旬をめどに追加募集をする予定です。

by shouichiro_sato | 2019-04-15 21:03 | 秋田県 | Comments(0)  

社会減少率

 総務省がきょう公表した2018年10月1日現在の人口推計によると、秋田県の人口は98万1千人となり、前年からの減少率は0.07ポイント増の1.47%。減少率は6年連続で全国で最も高くなっています。

 自然減少率(死亡数が出生数を上回る)は1.03%、社会減少率(転出者が転入者を上回る)は0.44%で、ともに全国最大でした。社会減少率で秋田県が全国最大になるのは、2003年以来2度目です。

by shouichiro_sato | 2019-04-12 22:58 | 秋田県 | Comments(0)  

チャーター便

 秋田空港と台湾・桃園国際空港を結ぶ国際定期チャーター便が、きょう就航しました。定期チャーター便は遠東航空(台北市)が運航するもので、来年3月までの1年間、毎週火、土曜日にそれぞれ一往復します。

 秋田空港の国際便は2001年10月から、韓国・仁川空港との間に週3便運航されていましたが、東日本大震災や竹島問題などによる日韓関係の悪化、セウォル号沈没事故などで韓国の交通機関への不安感がつのり、利用者が低迷。2015年12月から運休が続いていました。

 そうした中で就航した、台湾との定期チャーター便。チャーター便とはいうものの、日本人向けにも各便に30席が確保されており、是非とも双方からの交流に期待したいものです。

by shouichiro_sato | 2019-03-30 19:13 | 秋田県 | Comments(0)  

申し入れ

 佐竹秋田県知事と穂積秋田市長はきょう、防衛省で迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備候補地とされる秋田市の陸上自衛隊新屋演習場について、地元理解を得ないままに配備計画を強行することがないように求める「申し入れ書」を原田憲治防衛副大臣に手渡しました。

 申し入れ書の内容は「住宅密集地に近い場所を適地とする合理的理由を明確にする」「代替地の検討内容や結果を説明する」「有事のリスクを軽減する安全対策措置を明らかにする」「電波の影響がないことを客観的に確認できる説明をする」「工事の着手など、配備の手続きを強行に進めない」などとなっています。

by shouichiro_sato | 2019-03-26 22:22 | 秋田県 | Comments(0)  

4車線化

 秋田自動車道の横手ICと湯田IC間20.3kmの一部7.7kmが高速道路の4車線化を進める候補箇所と決まり、国土交通省が発表しました。同路線で4車線化されているのは、2004年までに段階的に整備された秋田南IC~大曲IC(35.2km)だけであり、整備が前進するのは15年ぶりです。

 候補箇所の7.7kmの中には延長約2500mの山内トンネルがあり、県ではこの箇所の整備を優先して要望活動を続けてきました。今回の計画決定を受け、全線の4車線化要望をさらに進めることにしています。

by shouichiro_sato | 2019-03-08 21:46 | 秋田県 | Comments(0)