カテゴリ:事件・事故( 155 )

 

契約違反

 日本年金機構から個人データの入力作業を委託された東京都内の情報処理会社が、再委託を禁じた契約に違反し、中国の業者に作業を任せていたことが明らかになりました。

 情報処理会社は約500万人分の書類に記載されていたマイナンバーや配偶者の所得などに関する情報を扱っており、これらの入力を中国大連の業者に委託していたとのこと。2月支給の年金を巡り、受給者約130万人分の所得税が正しく控除されず、支給額が本来より少なかった問題が発生し、同機構が調査していました。

 契約違反であるばかりか、ずさんな管理が行われているものですネ。どういう経緯で中国の会社に再委託されたのか。しっかり究明しなければなりません。

by shouichiro_sato | 2018-03-19 23:37 | 事件・事故 | Comments(0)  

雪の事故

 今冬の除雪や雪下ろし中の事故で、県内では16日現在、死者6人、重傷者80人、軽傷者42人が確認されています。その後も雪による事故は毎日のように発生しており、昨日は仙北市で89歳の男性が雪上で倒れて死亡しているのが見つかったほか、きょうまでにケガをした人はさらに20人増えています。雪に関わる事故は、昨冬の状況を大きく上回っています。

 今年の雪による事故の特色は、高齢の被害者が多いこと。家で留守を守る人はほとんどが高齢者になっており、気の毒で仕方ありません。

 今までの降雪量は、県の内陸南部で過去5年の平均より1.4倍も多い状態が続いています。羽後町田代では22日朝の積雪が、昨年より100cmも多い、250cmでした。

 気象庁の2~3月の予報では、北日本は「気温も低く、曇りや雪の日が多い」とのこと。まだまだ油断できませんネ。

by shouichiro_sato | 2018-02-22 23:28 | 事件・事故 | Comments(0)  

雪に埋もれ死亡

 福井県の国道364号線で今月7日、雪で埋もれた車の中で一酸化炭素中毒になり死亡した19歳の男性が、発見される9時間前に「身動きが取れない」と警察に通報していましたが、道路を管理する福井県には伝えられていなかったことが明らかになりました。

 県によると本来、大雪などによる立ち往生の情報は警察などから道路管理者に連絡される運用になっているとか。現場ではこのほかにも立ち往生している車があり、県からの委託を受けた業者が除雪作業中、通報から4時間後に偶然にこの車を発見したとのことですが、外からは車の中に人の姿が見えず、別の車の除雪作業のためにその場を離れた模様です。何とも残念な出来事です。

 同県内では記録的な豪雪となり、6日から国道8号線で1500台もの車が立ち往生。9日未明にようやく解消されましたが、何と60時間以上も要する事態になりました。この大雪による新潟県と富山、石川、福井の北陸3県での死者は9人、除雪中に転倒するなどして約150人が重軽傷を負っています。

 9、10日は南からの暖かい空気が入って気温も緩みましたが、明日以降は再び冬型が強まり、日本海側は大雪になる予報です。まだまだ油断できません。

by shouichiro_sato | 2018-02-10 21:17 | 事件・事故 | Comments(0)  

落雪?事故

 昨夜、由利本荘市鳥海町で、約1.5mの雪の下から2人の男性が発見され、死亡が確認されました。除雪作業中に屋根から落ちてきた雪に襲われた模様です。県内で今季の除雪中の犠牲者は、6人目。何とも痛ましい出来事が続いています。くれぐれも、屋根からの落雪や転落事故には、ご注意ください。

 それにしても先週は、大寒波に豪雪で、当地の積雪は一時、2m50cmにも達しています。幸いにも道路は除雪が万全で、車の通行に支障はありませんが、きょうも自宅周りの排雪作業に追われるばかり。

 「節分の朝に降らなければ、今後の雪は少ない」という当地に言い伝えに期待し、春が待ち遠しい一日でした。

by shouichiro_sato | 2018-02-04 20:54 | 事件・事故 | Comments(0)  

ライバル

 2020年東京五輪代表入りを争うライバルを陥れようと、カヌー競技の同僚選手の飲物に禁止薬物の筋肉増強剤を混入させ、ドーピング検査で陽性となっていた出来事が明らかになりました。他者からの混入によるドーピング違反は、日本国内では初めてのこと。二人はともに昨年の世界選手権に出場するなど、日本のトップ選手です。

 被害にあった選手はカヌー連盟から資格停止処分を受けていましたが、同僚選手が不正を認めていることから、解除されています。

 同競技では2010年ころから国内大会や海外遠征の時に、バトルの破損や紛失、現金の盗難などが度々発生していたとか。薬物の混入を認めた選手は一部への関与を認め、他の選手への妨害行為も証言しているようです。

 ライバルとはお互いに競って向上していくものなのに、スポーツマンシップに反するばかりか、人間性も疑われる前代未聞の出来事。・・・・・・・自責の念に駆られて自ら申し出たことが、せめてもの救いでしょうか。

by shouichiro_sato | 2018-01-10 23:13 | 事件・事故 | Comments(0)  

「はれのひ」詐欺

 成人の日のきょう、横浜市や八王子市で購入したりレンタルした振り袖が着付けをする会場に届かず、晴れ着を着れないトラブルが数百件ありました。成人式に臨む皆さんにとっては晴れの日の楽しみだったのに、許されない詐欺行為です。

 この業者は横浜市に本社がある「はれのひ」で、成人式の晴れ着のレンタルや販売などを手掛けていますが、問い合わせの電話には営業終了の自動音声が流れているだけで、連絡が取れない状態になっているようです。

 着物のレンタルや購入の予約は2年も前から行っており、多くの皆さんが15~60万円ものお金を支払っていたとのこと。着付けの会場に行って、業者がいないことを知り、どれほど混乱したことでしょう。直前になって「雲隠れ」するとは、計画的な行動と思われます。社長や幹部社員も行方不明のようですが、徹底的に捜査してください。

by shouichiro_sato | 2018-01-08 21:42 | 事件・事故 | Comments(0)  

雪下ろし

 21日午後5時頃、羽後町新町で所有する空き家の雪下ろしをしていた男性(63歳)が、軒下に積もった雪に埋もれて死亡しました。県内で除雪や雪下ろしに伴う死亡事故は、今冬初めてです。

 羽後町内ではこのところ、雪下ろしで屋根から落ちる事故が続いています。田代や軽井沢という山間部で60代と70代の男性が、平野部の西馬音内では80代の男性が腰の骨を折るなどの重症になっています。

 22日朝の田代の積雪は90cm、仙道で107cm、西馬音内では62cm。この時期としては多い降雪量であり、これからが心配です。町の防災放送は朝から「雪下ろしをする際はヘルメットや命綱の使用、二人で行う」などと呼び掛けています。くれぐれもご注意ください。

f0081443_21511431.jpg
 (写真・我が家の屋根から滑り落ちた雪。正月前に排雪作業をするのは初めてかも?)

by shouichiro_sato | 2017-12-23 21:44 | 事件・事故 | Comments(0)  

多発注意報

 秋田県は昨日、「交通死亡事故及び高齢者交通死亡事故多発注意報」を発令しました。

 従来、このような発令の基準は、「交通死亡事故多発注意報」は10日以内に5件以上の死亡事故が発生した場合、「高齢者交通死亡事故多発注意報」は高齢者の死亡事故が10日以内に3件以上発生した場合に発令されていました。しかしながら、県内ではこのところ高齢者を含む交通死亡事故が相次いでおり、早期に注意喚起が必要だと判断しています。

 ただし、昨年同期の交通事故統計と比較すると、事故件数は1881件(昨年は1986件)、死者は26人(同47人)、傷者は2279人(同2462人)で、いずれも少なくなっています。

 雪も降り、歳末で何かと忙しない時季ですから、くれぐれも注意していただけますようお願いいたします。

by shouichiro_sato | 2017-12-08 23:07 | 事件・事故 | Comments(0)  

日馬富士引退

 大相撲の横綱日馬富士は、平幕の貴ノ岩へ暴行した責任を取り、きょう日本相撲協会に引退届を提出し、受理されました。

 日馬富士は秋巡業中の10月25日深夜から26日の未明に、鳥取市内で同じモンゴル出身の貴ノ岩に暴力をふるい、ケガを負わせていました。会見では「横綱として、やってはいけないことをやった。横綱として責任を持ちたい」と引退を決断した理由を表明。暴行の経緯は「先輩横綱として、後輩力士の礼儀を正すことは義務と思っている。弟弟子を思って叱ったことが、彼を傷つけ、世間を騒がすことになった」述べています。

 するどい出足とねばり腰で、闘志あふれる相撲が魅力の日馬富士。16歳で初土俵を踏み、しこなが「安馬」時代から多くのファンがいた横綱も、こうした出来事で引退するとは・・・。残念でなりません。 

f0081443_21313800.jpg
  (写真・けさ引退届を提出し、午後2時から福岡県太宰府市で記者会見する横綱日馬富士。師匠の伊勢ケ浜親方は冒頭から涙を拭っていました。NHK「ニュース9」より)

by shouichiro_sato | 2017-11-29 21:44 | 事件・事故 | Comments(0)  

木造船

 今月23日の夜に由利本荘市の本荘マリーナ付近に漂着した木造の漁船?から、8人の北朝鮮の漁師(当事者の発言)が保護された出来事。「イカ釣り漁をしていてエンジンが故障し、1ヶ月半も漂流していた」とは驚きました。そして今日は、男鹿市の宮沢海岸に漂着した木造船から、一部が白骨化した8人の遺体が見つかりました。

 この頃は日本海側のあちこちに北朝鮮のものとみられる木造船が漂着しており、異常な事態です。

 漁に出ている船が遭難したのか、それとも脱北のために海へ乗り出した船なのかはわかりませんが、日本海が荒れ狂うこの寒い時季に、小さな木造船で海へ出るとは、一体どうなっているのでしょう。

by shouichiro_sato | 2017-11-27 23:55 | 事件・事故 | Comments(0)