人気ブログランキング |

カテゴリ:事件・事故( 186 )

 

首都圏直撃

 きょう午前5時頃に千葉市付近に上陸した台風15号は、首都圏などで観測史上最大となる記録的な暴風を観測し、死傷者が出ているほかに、各地で建物などが倒壊。千葉県内では大規模な停電が発生しているほか、JRなどは始発から「計画運休」したものの復旧が遅れ、交通機関は大きく乱れています。

 最大瞬間風速は伊豆諸島・神津島で58.1m、千葉市で57.5m、羽田空港で43.2mなど、それぞれの地点で観測史上最高値を記録。千葉県君津市では送電線の大型鉄塔2基(高さ約57mと47m)が倒れ、千葉県で60万世帯など1都6県で最大93万5千世帯が停電。復旧までには相当な時間がかかりそうです。猛暑が続いているだけに、停電の影響は甚大です。

 一方、鉄道網の混乱は駅への入場規制が行われていたために、運行再開を待つ人で長蛇の列。通勤手段がない中で、出勤しなければならない人で大混雑しています。成田空港では鉄道や高速バスの運休で、1万5千人以上の到着客が明日まで足止めとなりそうです。

 農業施設や工場、港湾などの被害はこれから明らかになってくるでしょうが、関東地方に上陸した台風としては過去最強クラスでした。

by shouichiro_sato | 2019-09-09 23:41 | 事件・事故 | Comments(0)  

あおり運転

 茨城県守谷市の常磐自動車道で起きた「あおり運転殴打事件」で、大阪市在住の男(43歳)が逮捕されました。被害者から提供されたドライブレコーダーの映像を解析した結果、数キロにわたって急な車線変更や減速を繰り返していたようです。

 容疑者の男は「車をぶつけられたので頭にきた」「危険な運転をしたつもりはない」と話しているようですが、誰が見ても明らかな危険運転であり、被害者男性(24歳)の顔を殴打する暴行をしているのですから、厳しく対処しなければなりません。

 それにしても昨今は、こうした事件が多すぎますネ。自分勝手な言動で、好き放題のふるまい。自衛のためにドライブレコーダーを装備しなければならないとは、残念でなりません。

 万が一にもこうした事態に遭遇した時には、「できるだけ人目に付くところに停車する」「絶対、ドアや窓を開けずに対応する」ことが重要とのこと。ドライバーの皆さんは、くれぐれも注意してください。

by shouichiro_sato | 2019-08-19 20:14 | 事件・事故 | Comments(0)  

1億2000万円

 大仙市の70代の女性が、昨年12月から先月までに架空請求の特殊詐欺被害に遭い、振り込んだお金や購入した金塊18kg(9200万円相当)、合わせておよそ1億2000万円もだまし取られていたことが明らかになりました。秋田県内の特殊詐欺被害としては、過去最悪の出来事です。

 女性は以前に霊感商法の被害にあっていたため、実在する会社の社員を名乗る男から、返金手続きという名目で指定された口座に、複数回にわたってお金を振り込んでいました。そして6月には、「資産の差し押さえを避けるために金塊の購入を」金融庁職員と名乗る男から持ち掛けられ、都内の貴金属店で金塊18kgを購入。先月には大曲駅近くの公園で受け取りに来た男に渡していたということです。

 これだけ何回も、さらには高額な金額。重さもある金塊の受け渡しでありながら、詐欺に気付く機会はなかったのか。女性はきっと、一人で対処してきたのでしょう。お金を持っている?高齢者の皆さん、十分にご注意ください。不思議に思ったら、不安になったら、先ずは家族や身近な人に話しをしましょう。

 それにしても巧妙な特殊詐欺。捜査を徹底して、是非とも検挙してください。

by shouichiro_sato | 2019-08-01 21:20 | 事件・事故 | Comments(0)  

放火で33人死亡

 18日午前、京都市伏見区にあるアニメ制作会社のスタジオが放火され、70人以上が働いていた3階建ての建物が全焼。今までに33人の死亡が確認され、35人が重軽傷を負っています。犯人は関東在住で職業不詳の男(41歳)。玄関から入った室内で多量のガソリンをまいて火をつけたようで、瞬く間に全館へ炎が拡がり、犠牲者は逃げることができなかったようです。放火事件としては平成以降で最悪となる死者が出る、大惨事です。

 日本の文化となっているアニメで、数々のヒット作品を生み出してきた制作会社での、何とも無残な放火殺人事件。犯人の男は前日から近くの公園で目撃されており、朝にはガソリンスタンドで2つの携行缶にガソリンを購入。着火装置を持っていたということですから、計画的な犯行なのか・・・・。

 突然の惨禍に遭遇した皆さんの無念を思うと、言葉を失います。どうしてこういう事件が起きるのか・・・・? あまりにもむごい出来事であり、残念でなりません。亡くなった方々のご冥福を祈り、重軽傷を負った方々の一日も早い快復を願っております。

by shouichiro_sato | 2019-07-19 22:14 | 事件・事故 | Comments(0)  

九州で豪雨

 九州地方で非常に激しい雨が続いています。西日本では今後も大雨が続くとみられ、気象庁は午後に記者会見を開き「命を守るために早めの避難」を呼びかけました。昨日は熊本、宮崎、鹿児島の3県で55万世帯、121万人以上に避難勧告が出され、鹿児島市では自宅が土砂崩れに巻き込まれて70代の女性が死亡しています。

 特に明日から4日にかけては梅雨前線の活動が一段と活発になり、24時間雨量が平年7月の1ヶ月分の雨量を超える記録的な大雨になる恐れもあるとか。命を守ることを最優先にして、厳重に警戒してください。
f0081443_22545319.jpg
f0081443_22552770.jpg
 (写真・九州は4日にかけて豪雨が続く模様。AAB「報道ステーション」より)

by shouichiro_sato | 2019-07-02 23:05 | 事件・事故 | Comments(0)  

誤食で死亡

 自宅の庭に生えていたイヌサフランをウルイと間違えて食べ、食中毒で入院していた鹿角市の女性(80代)が4日深夜に亡くなりました。女性は3日朝、イヌサフランを炒めて食べた後に嘔吐や腹痛を起こし、同市内の病院に入院。4日夕方までは会話もできたとのことですが、その後に容態が急変しました。

 県内で山菜等の誤食による死亡事故は、3年前に湯沢市で70代の男性がトリカブトをシドケと間違えて食べて以来のこと。しかし、今年は春から山野草を誤食する事例が度々発生しています。自信をもって確認できる山菜以外には、皆さんくれぐれもご注意ください。

 もっとも、山菜は無肥料・無農薬で、完全なる自然食品。独特の風味があり、健康にも最高です。当地では今、ワラビやタケノコ、ミズなどの最盛期を迎えています。

by shouichiro_sato | 2019-06-06 22:16 | 事件・事故 | Comments(0)  

長男を殺害

 元農林水産省の事務次官だった男性(76歳)が自宅で長男(44歳)を殺害したという事件で、「長男は引きこもりがちで、家庭内暴力があった」とのこと。自宅からは「殺すしかない」というメモ書きも見つかっています。さらに事件直前、自宅に隣接する区立小学校では運動会が行われており、長男が「運動会の音がうるさい。(児童らを)ぶっ殺す」と発言していたとか。男性は精神的に追い詰められた末に、殺害を決意したものと思われます。

 先日には、神奈川県川崎市で男(51歳)がスクールバスを待っていた子供たちを刃物で襲い、女児(11歳)と別の子どもの保護者の男性(39歳)が死亡、18人が重軽傷を負う事件がありました。犯人の男(犯行後に自殺)は叔父の家に同居していたものの、周囲との繋がりがほとんどない状況のようで、動機も不明です。

 何とも切ない、事件が続いています。

by shouichiro_sato | 2019-06-03 23:43 | 事件・事故 | Comments(0)  

殺傷事件

 きのう朝、川崎市多摩区の路上でスクールバスを待っていた児童17人や保護者2人が50代の男に刺され、6年生の女児と39歳の男性が死亡。17人が重軽傷を負いました。犯人の男は自ら首を刺し、死亡しています。最初の襲撃から自殺まで、わずか10数秒での出来事でした。

 突然の殺傷事件に驚くとともに、犯人への強い怒り、なぜこうしたことが起きたのか・・・。犯人はどんな男なのか・・・・。想像もつかない出来事に、驚愕しています。

by shouichiro_sato | 2019-05-29 22:17 | 事件・事故 | Comments(0)  

非常電話SOS

 よく利用している日本海東北自動車道「本荘IC~岩城IC」間のことです。同区間では大内JCTで逆走した軽乗用車が正面衝突、若者の乗用車が由利本荘市岩城で高架橋下に転落するなど、多数の死者が出る事故が度々発生しています。地盤が緩いためか、路面の歪みが所々であり、普段から注意して走行していますが、今日は新たな問題?を発見しました。

 大内JCTと岩城IC間(約11km)を走行すると、上下線とも約1km間隔で「非常電話SOS」が設置されていますが、そのほとんどはボックスが腐食していたり、中には倒れかかっているものがあります。2007年に開通して以来、電話ボックスを交換することはなかったようで、(現在の状況を見るに)非常電話としての機能を果たしているとは、とても思われません。

 (写真・同区間は対面通行の道路で、駐停車できないために撮影できません)

 高速道路に関する非常電話は、法律等に基づく設置基準があって整備されていることでしょう。しかし、あらためて確認すると本荘IC~大内JCT間(約9km)には一台も見当たりません。大内JCT~岩城IC間も、(現在の設置基準で)必要でないものであれば危険防止のためにも速やかに撤去するべきですし、必要なものだとしたら早急に改善するべきでしょう。

 「非常電話」のSOSを、明日にも道路管理者に伝えたいと思います。

by shouichiro_sato | 2019-05-08 21:31 | 事件・事故 | Comments(0)  

高齢ドライバー

 19日の正午過ぎ、東京・池袋で母(31歳)と娘(3歳)の2人が死亡し8人が負傷した交通事故は、87歳の男性が運転している乗用車が150mも暴走し、横断歩道で通行人を次々とはねたものでした。最近はこうした高齢者の交通事故が増えています。警察庁の統計でも交通事故の発生件数や死傷者数は減っているのに、高齢運転者の事故は増え、85歳以上が特に高くなっています。

 75歳以上の高齢者が起こした死亡事故の原因は、ハンドル操作の誤りやブレーキとアクセルの踏み間違いが多いとのこと。今のところ、高齢を理由に免許証に制限を設けることは難しい?でしょうから、くれぐれもご注意ください。

by shouichiro_sato | 2019-04-24 22:51 | 事件・事故 | Comments(0)