人気ブログランキング |

カテゴリ:羽後町( 352 )

 

鎌鼬の里芸術祭

 羽後町田代の旧長谷山邸を中心に、21日~22日の2日間、「鎌鼬(かまいたち)の里芸術祭」が開かれます。舞踏やダンス、民俗芸能、ジャズライブ、ワークショップ、シンポジュウムなど、盛りだくさんの内容です。
f0081443_09040847.jpg
 (写真・細江英公さんの写真が目を引く「鎌鼬の里芸術祭2019」のポスター)

 写真家の細江英公さんが舞踏家の土方巽を田代地区で撮影して出版した写真集「鎌鼬」にちなんで、両氏の業績を広く国内外に伝え、写真芸術や舞踏の発展を支援するために発足した、NPO法人鎌鼬の会(理事長・菅原弘助さん)の主催で、今年で4回目。秀島実さん、池宮中夫さんら日本の舞踏家、ポーランド、デンマーク、台湾、米国などからのダンサーなど、国内外の多彩な仲間が集います。

by shouichiro_sato | 2019-09-20 21:49 | 羽後町 | Comments(0)  

めんまつり

 羽後町三輪地区で15日(日)、「三輪ふるさと伝統芸能とうみゃ・めんまつり」が開かれます。「うみゃ」とは美味のことで、同地区にあるソバの名店「信太そばや」と、ミシュランガイド東京に4年連続掲載されているラーメン店「BASSOどりるまん商店羽後町本店」。それに「稲庭あぐりこうどん」が提供される、初めてのおまつりです。主催は三輪振興会で、地域内の企業や三輪商店会が協賛しています。
f0081443_06192122.jpg
 (写真・初めて開催される「うみゃ・めんまつり」のポスター。是非ご来場を)

by shouichiro_sato | 2019-09-13 21:24 | 羽後町 | Comments(0)  

西馬音内盆踊り

 国の重要無形民俗文化財に指定されている「西馬音内盆踊り」が今日から始まりました。ただ、羽後町は台風10号の影響で風雨が強く、会場を本町通りから総合体育館に変えての実施です。18日までの3日間行われますが、初日に雨が降って会場変更したのは2年連続で、これは実行委員会としても初めてのこと。

 ここ4~5年の西馬音内盆踊りは、開催期間中に雨模様になる日が多くあり、「湯沢の七夕で雨が降らず、西馬音内に降るようになった」と、以前は湯沢市の七夕絵灯籠まつり(5~7日)では必ず雨が降って、西馬音内は天気に恵まれていたことから、今は逆になってしまった湯沢を羨ましく?思う話も聞こえました。それでも、盆踊りを楽しみにしている人は多く、雨が降っても実行できる体制が整っているのは嬉しいことです。

 総合体育館内は室温が30℃以上で湿度も高く、誰もが汗だくになる状況でしたが、きょうの日を楽しみにしてきた踊り手やお客さんで賑わいました。熱中症の被害もなく、無事に終わってホッとしました。

 明日の夜は天候も回復し、本町通りでかがり火を囲んで盆踊りができるよう、今から祈っています。
f0081443_23290562.jpg
 (写真・体育館での西馬音内盆踊りながら、遠来のお客さんも見入っていました)

by shouichiro_sato | 2019-08-16 23:38 | 羽後町 | Comments(0)  

成人式

 令和元年羽後町成人式が午後2時から羽後町活性化センターで開催され、130名ほどの新成人が出席しました。
f0081443_20355305.jpg
 (写真・成人式では久しぶりに同級生と再会し、皆さん楽しそうです)

 気温が35℃を超える猛暑の中での成人式ながら、出席した男性は大半がスーツにネクタイ、女性はワンピースやドレス姿。中学生時代に出会ったことがある皆さんですが、二十歳を迎えたきょうは輝いて見えました。

 新成人の皆さんには「今置かれている立場で、一生懸命に頑張ること。何事にもチャレンジしてそれぞれの人生を切り拓いていってほしい」と思います。

by shouichiro_sato | 2019-08-15 21:09 | 羽後町 | Comments(0)  

お盆近づく

 11日は国民の祝日「山の日」で、明日は振り替え休日。そんな訳で、お盆の休みがある今週は、休日が続く職場もあるようです。

 羽後町では道の駅・端縫いの郷でお盆に供える花などを販売する特設コーナーが始まり、西馬音内盆踊り(16日~18日)の会場となる本町通りには観覧席の設置も完了しました。帰省した皆さんなのでしょうか、当地でも県外ナンバーの車を多く見かけます。

 きょうは40歳になった町内の有志が「W成人式」を開き、町の将来を語り合って懇談する集いがありました。お盆期間中は15日に町が主催する成人式があって同級会が開かれたり、還暦に関わる会合があったりと、若い皆さんにとっても久しぶりの再会に話が盛り上がることでしょう。

by shouichiro_sato | 2019-08-11 21:04 | 羽後町 | Comments(0)  

給食センター落成

 羽後町が整備を進めていた「学校給食共同調理場(給食センター)」が完成し、きょうは関係者が集って落成式を行いました。

 町の給食センターは昭和44年に設置され、それから50年を経て施設の老朽化が進んでいました。新しいセンターは鉄骨造2階建て、延床面積1943㎡で、総事業費は10億5213万円。一日に約1200食を調理する機能を持ち、町内すべての小中学校に給食を提供するほか、食育教育の場となるように研修室や見学通路も設けられています。
f0081443_08445169.jpg
 (写真・落成式の後、出席者には調理されたばかりの給食が提供されました)

 私の小・中学校時代、入学した学校には給食が無く、時々脱脂粉乳を溶かして飲んだ記憶があり、(給食が行われている)他の学校を羨ましく思ったものでした。その後は全町で始まり、子供たちの健やかな発育に大きく貢献してきたほか、その活動が教育の重要な役割を担うなど、義務教育の現場には必須なものとなっています。

 新しい給食センターは2学期から本格的にサービスを開始しますので、楽しみです。

by shouichiro_sato | 2019-08-08 22:30 | 羽後町 | Comments(0)  

慰霊祭

 羽後町遺族会(会長・菅原孝太郎さん)が主催する「令和元年度羽後町戦没者慰霊祭」が開かれ、御霊に慰霊のことばを述べてきました。
f0081443_20535626.jpg
 (写真・遺族代表で慰霊のことばを述べる菅原会長。町立中央公民館町民ホール)

 慰霊祭は初めに神式と仏式でそれぞれ供養した後、7地区の代表などがそれぞれに玉串奉奠と焼香。遺族代表、秋田県知事(代理・深井力雄勝地域振興局長)、羽後町長(代理・浦田一栄副町長)と私の4人が慰霊のことば述べ、町内の合唱グループ・セブンコールの皆さんが「みたまをたたえて」「埴生の宿」「故郷」の3曲を追悼合唱しています。

by shouichiro_sato | 2019-07-09 20:57 | 羽後町 | Comments(0)  

消防訓練大会

 羽後町消防団総合訓練大会がきょう午前、羽後町多目的運動広場で開かれ、町内の8分団から300人を超える団員が参加して日ごろの訓練の成果を発表しました。
f0081443_15420032.jpg
f0081443_15265815.jpg
 (写真・小型ポンプ操法に出場した第1分団。同分団は2線送水訓練も実施)

 審査の結果、通常点検と小隊訓練による「消防訓練礼式」の優勝は第1分団(指揮者・矢野圭一部長)、2位は第7分団(同・菊地貞一副分団長)、3位は第6分団(同・鈴木篤部長)。

 「小型ポンプ操法」の優勝は第8分団(指揮者・大友学班長)、2位は第1分団(同・石垣亮副分団長)、3位は第6分団(同・佐々木大助班長)。総合優勝は第一分団(分団長・石綿久也さん)が獲得しました。

by shouichiro_sato | 2019-07-07 15:46 | 羽後町 | Comments(0)  

初夏

 《 カメラスケッチ 》

f0081443_23391605.jpg
 国指定重要文化財・三輪神社(三輪宣比古宮司)では昨日、夏越大祓(なごしのおおはらえ)の「茅の輪くぐり」が行われました。三輪神社の建立1300年の節目となる昨年に復活した行事で、無病息災を祈ります。今月7日まで体験できます。

f0081443_23393883.jpg
 西馬音内ではソバの花が満開となり、初夏の清々しい風景となっています。

by shouichiro_sato | 2019-07-01 23:53 | 羽後町 | Comments(0)  

道の駅

 羽後町に「道の駅うご 端縫いの郷」がオープンして、間もなく3周年。連日多くのお客さんで賑わっており、連休中などは西馬音内蕎麦を提供しているダイニングのコーナーに、長蛇の列ができるほどの大繁盛でした。

 蕎麦や喫茶、ジェラートなどの飲食部門と町内の農産物や加工品の直売所での販売総額は、この3月までの一年間で3億7千万円に達した模様で、町のゲートウェイかつ交流の拠点となっています。
f0081443_20592758.jpg
 (写真・人気の農産物直売所には、地元で採れた多種類の山菜が並んでいました)

 飲食部門での商品開発や季節に応じた企画催事、町内外の皆さんが参加する各種イベントの開催など、とにかく話題の絶えない道の駅。6月30日(日)には「道の駅うご3周年記念 岩本公水杯歌謡コンクール」が隣接する町活性化センターで開かれます。お楽しみに・・・・。 

by shouichiro_sato | 2019-05-17 21:03 | 羽後町 | Comments(0)