人気ブログランキング |

カテゴリ:羽後町( 346 )

 

慰霊祭

 羽後町遺族会(会長・菅原孝太郎さん)が主催する「令和元年度羽後町戦没者慰霊祭」が開かれ、御霊に慰霊のことばを述べてきました。
f0081443_20535626.jpg
 (写真・遺族代表で慰霊のことばを述べる菅原会長。町立中央公民館町民ホール)

 慰霊祭は初めに神式と仏式でそれぞれ供養した後、7地区の代表などがそれぞれに玉串奉奠と焼香。遺族代表、秋田県知事(代理・深井力雄勝地域振興局長)、羽後町長(代理・浦田一栄副町長)と私の4人が慰霊のことば述べ、町内の合唱グループ・セブンコールの皆さんが「みたまをたたえて」「埴生の宿」「故郷」の3曲を追悼合唱しています。

by shouichiro_sato | 2019-07-09 20:57 | 羽後町 | Comments(0)  

消防訓練大会

 羽後町消防団総合訓練大会がきょう午前、羽後町多目的運動広場で開かれ、町内の8分団から300人を超える団員が参加して日ごろの訓練の成果を発表しました。
f0081443_15420032.jpg
f0081443_15265815.jpg
 (写真・小型ポンプ操法に出場した第1分団。同分団は2線送水訓練も実施)

 審査の結果、通常点検と小隊訓練による「消防訓練礼式」の優勝は第1分団(指揮者・矢野圭一部長)、2位は第7分団(同・菊地貞一副分団長)、3位は第6分団(同・鈴木篤部長)。

 「小型ポンプ操法」の優勝は第8分団(指揮者・大友学班長)、2位は第1分団(同・石垣亮副分団長)、3位は第6分団(同・佐々木大助班長)。総合優勝は第一分団(分団長・石綿久也さん)が獲得しました。

by shouichiro_sato | 2019-07-07 15:46 | 羽後町 | Comments(0)  

初夏

 《 カメラスケッチ 》

f0081443_23391605.jpg
 国指定重要文化財・三輪神社(三輪宣比古宮司)では昨日、夏越大祓(なごしのおおはらえ)の「茅の輪くぐり」が行われました。三輪神社の建立1300年の節目となる昨年に復活した行事で、無病息災を祈ります。今月7日まで体験できます。

f0081443_23393883.jpg
 西馬音内ではソバの花が満開となり、初夏の清々しい風景となっています。

by shouichiro_sato | 2019-07-01 23:53 | 羽後町 | Comments(0)  

道の駅

 羽後町に「道の駅うご 端縫いの郷」がオープンして、間もなく3周年。連日多くのお客さんで賑わっており、連休中などは西馬音内蕎麦を提供しているダイニングのコーナーに、長蛇の列ができるほどの大繁盛でした。

 蕎麦や喫茶、ジェラートなどの飲食部門と町内の農産物や加工品の直売所での販売総額は、この3月までの一年間で3億7千万円に達した模様で、町のゲートウェイかつ交流の拠点となっています。
f0081443_20592758.jpg
 (写真・人気の農産物直売所には、地元で採れた多種類の山菜が並んでいました)

 飲食部門での商品開発や季節に応じた企画催事、町内外の皆さんが参加する各種イベントの開催など、とにかく話題の絶えない道の駅。6月30日(日)には「道の駅うご3周年記念 岩本公水杯歌謡コンクール」が隣接する町活性化センターで開かれます。お楽しみに・・・・。 

by shouichiro_sato | 2019-05-17 21:03 | 羽後町 | Comments(0)  

金易二郎名誉九段

 昭和9年に日本将棋連盟の会長となり、翌年に実力名人制を導入するなどして将棋界の組織改革に貢献した故金易二郎さん(1890~1980年)は、羽後町西馬音内にある「元祖弥助そばや」2代目倉松の次男として誕生。明治41年に棋士として生きる大望を抱き上京し、関根金次郎十三世名人に付いて修行。昭和52年には「棋士番号1番」を与えられた将棋界の大御所で名誉九段。門下生には高柳敏夫名誉九段、中原誠十六世名人、初代竜王の島朗九段など多数排出しています。

 没後の昭和59年9月、当時の羽後町長・故佐藤吉郎さんら町内の将棋愛好家が集って、生家が見える五輪坂の小高い丘の上に中原誠名人の揮毫による「金易二郎頌徳碑」を建立し、門下生の皆さんや町民が集って除幕式を行っています。それから35年が経過し、設置場所の環境が変化したことや西馬音内の中心部に適地が確保できたことから、昨年に頌徳碑移設実行委員会(会長・湊幸夫さん)が発足し、きょう移設に伴う除幕式や記念式典と祝賀会、将棋大会が開かれました。
f0081443_16031244.jpg
f0081443_16035905.jpg
 (写真・西馬音内本町のかがり火広場に移設された「金易二郎名誉九段頌徳碑」。除幕式の後はその前に設置された大理石の将棋盤で、島朗九段と地元の子ども名人による記念対局?がありました)

by shouichiro_sato | 2019-05-12 16:08 | 羽後町 | Comments(0)  

羽後中卒業式

 羽後町立羽後中学校(木口秀一校長)の第3回卒業証書授与式が開かれ、107名の卒業生が学び舎を巣立ちました。
f0081443_07304139.jpg
  (写真・卒業生全員がステージで「卒業の歌」を合唱。羽後中体育館で)

 卒業生代表の答辞では猪岡亮太さんが「(学校生活の中で)実に多くのことを学び、感じ、考え、そしてやがての力を育んできたように思う」「やがての力とは、人とうまく付き合う力。やればできると思える力。課題を見つけて解決すること力。今の学びを将来と結び付ける力。羽後中学校での3年間の日々は、私たちに、この4つの力を確かに育んでくれました」と述べています。

 卒業生の進路を見ると、県外も含めて17校の高校や専門校への進学を希望しており、その幅広さに驚きました。

by shouichiro_sato | 2019-03-09 21:24 | 羽後町 | Comments(0)  

冬期防災訓練

 秋田県と羽後町による冬期防災訓練がきょう、羽後町活性化センターや五輪坂のアルカデア公園とスキー場で行われました。これは平成26年から県と特別豪雪地帯にある市町村で開催しているもので、今回が5回目。

 目的は「防災関係機関と地域住民が相互に協力し、積雪寒冷下の地震災害を想定し各種訓練を行い、冬期における防災体制を強化するとともに、地域住民の防災意識を高揚を図る」。県(振興局)と町当局、地域住民、消防、警察、自衛隊、気象台、それに自主防災組織と羽後高校や町内の小中学生、町建設業協会、災害救助犬ネットワーク、秋田赤十字病院と雄勝中央病院のDMAT、町土地改良区など多くの機関と団体から250人以上が参加しています。

 訓練は活性化センターで「災害対策本部運営」「避難所運営」。五輪坂では「道路啓開」「火災防御」「倒壊家屋救出」「孤立集落対応・援助」「雪崩遭難者創作・救助」の各訓練が行われています。被災現場からの情報伝達やドローンによる状況把握など、関係機関の連携と住民の相互協力、ネットワークの重要性が確認できました。災害がないことを祈るばかりですが、万が一の場合に備えた訓練はそれぞれの役割とともに、「自分には何ができるか。何をすべきか」を確認した時間でした。
f0081443_21214136.jpg
 (写真・早朝からの訓練が終わって参加者が集合、誠にご苦労様でした)

by shouichiro_sato | 2019-02-17 21:31 | 羽後町 | Comments(0)  

雪まつり

 県内では「犬っこ祭り(湯沢市)」や「アメッコ市(大館市)」などの小正月行事が目白押しですが、羽後町元西地区ではきょう「元城雪まつり」が開かれ、地域の皆さんが綱引きや昔語り、伝統行事の「かまくら」「用心巡り」などを行っています。
f0081443_20322931.jpg
f0081443_20364269.jpg
 (写真・雪の中で綱引き。会場には藁で屋根を作った「かまくら」もあります

by shouichiro_sato | 2019-02-10 20:38 | 羽後町 | Comments(0)  

うご牛ステーキ

 「うご牛」を食べて元気を出し、高校入試を突破してもらおうと、羽後町では羽後中学校の3年生107人に「特選羽後和牛合格ランチ」と銘打って、ステーキを提供しました。

 先月から1学級ずつ実施しており、今日は最後の4学級目の生徒が7グループに分かれて調理実習。町産の野菜を使った副菜などを作ってから、A5ランクの最高級肉150gのステーキを生徒自らフライパンで調理し、焼きたてをいただきま~す。生徒の皆さんは「やわらかい」「おいしい」「うまい」と歓声を上げて、笑顔いっぱい。今夜のテレビのニュースでも紹介されていました。

 町は合格祈願とともに、ふるさとへの愛着を持ってもらおうと、昨年から3年生全員にステーキを提供。今年はJAうご管内の千葉義彰さんが生産した「うご牛」で、同JAの畜産担当者が生産者の思いを話しています。

by shouichiro_sato | 2019-02-06 22:24 | 羽後町 | Comments(0)  

町興し

 羽後町議会に設置されている「町づくり委員会」(会長・藤原義美議長)の第3回勉強会が開かれ、「教育改革と町興し」のテーマで東京の日本教育学院理事長・武田利幸さん(羽後町上仙道出身)、同学院桜台駅前教室長で英語教育のスペシャリスト・古賀俊一郎さん、和歌山にある通信制高校の慶風高等学校校長・田原サヨ子さん、同校教務主任・田原洋子さんからお話を伺いました。
f0081443_22400687.jpg
 (写真・故郷での教育について熱い想いを語る武田さん。羽後町議会委員会室)

 今回の委員会には町議会議員の皆さんのほか、地元にある羽後高校の教育推進協議会のメンバーや私にもご案内いただき、参加させていただきました。

 武田さんは当地でも特色ある勉学体制をとることでさらなる学力アップが可能だと、示唆に富んだお話をしています。

by shouichiro_sato | 2019-02-01 22:49 | 羽後町 | Comments(0)