人気ブログランキング |

カテゴリ:秋田県知事選挙( 18 )

 

知事選奮闘記② 「ポスター」

 知事選挙のポスター掲示場所は最も多い大仙市で730ヶ所、少ない大潟村で9ヵ所など、全県の25市町村で合計、6,165ヶ所が用意されています。

f0081443_84134.jpg 候補者が選挙運動で遊説して回るといっても、それぞれの地域に滞在できる時間は限られていますし、県内全ての集落に足を運ぶことは不可能です。

 しかしポスター掲示場は市町村の全ての投票所毎に一定の比率で設置されており、運動期間中はそのまま維持されていますから、どんなポスターを製作するかは、候補者の政策と人柄、イメージを表すものとして重要です。知事選の場合は個人演説会の告知項目を入れることで、市長選や県議選よりも一回り大きいサイズが可能ですが、今回のポスターを比べると、佐竹さんのは従前の市長選のサイズ。貼り出された時にはチョッと意外でした。 (写真・それぞれに個性のあるデザインです。秋田市内で)

f0081443_841989.jpg そこで、わが陣営の広報スタッフ(リーダー・森川恒さん)が考えたことは、「恵まれた地域資源を活かす産業振興」や「地域を大事にする県政運営」を主張している私の意を汲んで、ポスターの一部に空白を作り、そこに各市町村の目標や課題を表示することでした。(写真・県内の25市町村別に、独自のテーマや呼びかけが印刷されています)

 例えば、五城目・八郎潟・井川の各町では「湖東病院の早期建設!」。小坂町は「『新鉱山』で日本を動かす」。大仙市は「『農業の再生』で大輪の花」。大潟村は「大潟ブランドを全国へ、世界へ」。藤里町は「白神の魅力で全国交流」・・・・・など。

 全県的な支援組織がない中で、告示日に全ての掲示場にポスターを貼ることができるか心配でしたが、秋田市や大潟村の有志が他市の応援に出かけたり、かつてお世話になった人たちの仲間が協力してくれるなど、夕方までに完了。秋田市内を遊説中の私には掲示責任者・大島康佑さんから「全部完了」の知らせが届き、ホッとしたものでした。

 尚、政党の支援を受けているある陣営では、初日の午後8時までにポスターが貼られていない掲示場が、秋田市内で何ヶ所もありました。ポスター貼りも全県規模となれば、大変な作業です。ご協力いただいた皆様、誠にありがとうございました。 

by shouichiro_sato | 2009-04-17 22:31 | 秋田県知事選挙 | Comments(1)  

知事選奮闘記① 「第一声」

 17日間に亘って秋田県内を駆け巡った知事選挙。きょうからは期間中の出来事を、裏話?も含めて「知事選奮闘記」(全10回シリーズ)で紹介します。


 告示日の3月26日、午前8時30分。県庁での立候補受付と同時刻に、選挙事務所となった秋田市南通亀の町にあるプレイタウンビル2階のホールでは、選挙運動期間中の安全と必勝祈願の神事を行いました。正面には4年前に片目を入れていたダルマが登場し、参加者一同で「両目を開けよう」と誓って玉串奉奠。

 途中で受付に行った事務局から、「3番」の連絡あり。早速、ポスター掲示の担当者が県内各地で待機しているスタッフに掲示場所の連絡を開始すると、事務所は一気に騒々しくなりました。選挙用自動車も準備万端で、「七つ道具」を受取るとすぐさま拡声器のスイッチオン。「第一声」を行う秋田県庁前へ向けて出発です。

f0081443_13343732.jpg 各候補者が初めて訴える「第一声」。藤本さんは秋田駅前。佐竹さんは秋田市八橋の事務所敷地内。川口さんは地元に近い大館市のショッピングセンター。私は事務所が交通の激しい幹線道路沿いでスペースがないため、県庁前に決めていました。初日、それも最初に県庁前としたのは、一番早くに立候補を表明した候補者としての「意気込み」を示そうとしたのです。

 しかし、選挙カーを停車させる場所や街頭演説を行う候補者の立ち位置については、県庁の施設管理者や(カメラ位置との関係で)テレビ局からの注文も多く、入念な下見をして決めています。

 午前9時30分。予定通りその場所に選挙カーを止めると、目の前はテレビカメラや報道陣がいっぱい。陣営では告示日の朝はポスター掲示に勢力を向けていたため、支持者の動員をしていませんでしたから、ビックリです。それでも、カメラの向こうに県民の皆さんがいると思うと、心が昂るものを感じました。
 
 (写真・知事候補者の第一声を報じた27日の秋田魁新報の一部。県庁前にて)

 冒頭、「秋田・これでいい会?」会長の山村巌さんと秋田市民の門間幸子さんが挨拶し、大曲農業高校の同期生で県議会副議長の安藤豊さんが激励の言葉を述べてくれました。そして私の出番となりましたが、時おり横殴りの強い寒風が吹き、髪はバラバラ。最初の演説の出来具合は、「パワーが少し足りないなあ・・・・」(知人の新聞記者)。

 いよいよ、17日間の選挙戦が始まりました。

by shouichiro_sato | 2009-04-16 23:57 | 秋田県知事選挙 | Comments(0)  

秋田県知事選挙

 きのう投開票が行われた秋田県知事選挙は、自民党や社民党、連合秋田などの支援を受け、抜群の知名度で組織選挙を展開した前秋田市長の佐竹敬久さんが、初当選。民主党と国民新党、寺田知事に支持された前小坂町長の川口博さんが激しく追い上げたものの及ばず。私は政党の支援を得られなかったこともあり、お二人の狭間に埋没してしまい、地元の湯沢市・雄勝郡を除いては票を伸ばすことができませんでした。

 私は4年前の知事選挙で落選してから、後援会や支援団体の協力をいただきながら再挑戦を目指して準備を行い、昨年8月に出馬を表明。12月末にはマニフェストの骨子を発表して秋田県のかかえる課題や今後の方向について持論を展開してきました。キーワードは「秋田の再生」。秋田県の基幹産業である農林水産業の再生や環境・リサイクル・エネルギーなどの産業振興。少子高齢化時代の子育て支援や教育環境整備と医療と福祉の充実。知事の退職金廃止と県職員の天下り禁止など、「県民・庶民の目線」で県庁の行財政改革を行う・・・・などの公約を掲げました。

 結果、いつの間にか今回の知事選では「秋田の再生」が中心的なテーマになり、喫緊の課題である経済問題や雇用の確保と合わせて、農業や医療の政策がクローズアップされました。その点で見ると、一番最初に出馬表明したものとして、それなりの役割を果たせたものと自負しています。選挙結果が判明した後、私は「厳しい結果となったが、今回の秋田県知事選挙を引っ張ってきたのは私だった」と挨拶させていただきました。


 《 秋田県知事選挙の結果 》

  当選  佐竹 敬久(無所属新) 291,150票   川口 博(無所属新) 234,340票
       佐藤正一郎(無所属新)  77,178票    藤本 金治(共産新)  15,991票

by shouichiro_sato | 2009-04-13 22:30 | 秋田県知事選挙 | Comments(10)  

いよいよ始まります

 12年間続いた寺田県政が終わり、新しい秋田の知事を選ぶ選挙がいよいよ始まります。

 きょうは能代市と秋田市で公開討論会が開かれ、4人の候補予定者が首長としての実績を含めた自己紹介の後、県政の重要政策や予算配分、男女共同参画、地域振興局、医療体制、子供たちの未来などについて意見を述べ合いました。

 公開討論会は合わせて4回開かれましたが、どの会場も真剣に聞き入る人が多く、関心が高いことを肌身で感じました。来場者の皆さんには各予定者の考え方や性格、人柄などを知ることができる機会であったことでしょうが、当事者の自分にとっても3人の生の声を聞く絶好の機会であり、とても有意義な時間でした。

 ホームページやリーフレットなどの印刷物から受けるイメージと、実際に話す内容とでは違いがあることも分かりましたし、「どんな主張を展開するのか」という予備知識を得たことも、これから選挙戦を行ううえで参考になりました。主催された皆さんには感謝申し上げます。

 さて、あす25日(水)は午前11時から、秋田市・三吉神社で「必勝祈願」と運動期間中の「安全祈願」を行い、午後は17日間にわたる遊説計画をチェックするなど、決戦に備えます。

by shouichiro_sato | 2009-03-24 23:51 | 秋田県知事選挙 | Comments(2)  

立候補準備

 秋田県知事選挙の告示まで、残すところは3日間のみ。立候補の準備作業も大詰めです。

 既に、立候補の届出に必要な書類の事前審査は始まっており、私の陣営でも担当者が毎日、県選挙管理委員会を訪ねて、詳細なチェックを受けております。さらには、選挙運動のポスターや選挙公報の原稿、法定ビラ、選挙用はがきの作成も進んでいます。

 全県に貼るポスターは、約6,700ヶ所。それぞれの地域で協力してもらう人の確保も大変です。知事選挙で使用できるはがきの枚数は、40,000枚。全世帯の1割強ですが、宛名書きをしなければなりません。使用できる法定ビラは2種類まで可能で、合計130,000万枚まで。これには全てに証紙を張らなければ配布できませんから、この作業も大変です。

 さらに、全県を回る遊説日程も重要です。4年前の経験をもとに、他の候補予定者の運動の進め方などを予想しながら、ほぼ決まりました。遊説は地域の皆さんと直接触れ合える機会であり、効率よく行うには事前の準備が重要であり、日程変更はできるだけ避けたいもの。しかし、これも始まってみないと分からない要素があります。選挙運動用自動車の準備や随行車の手配、昼食場所と宿舎の確保など、事務方スタッフも最後のチェックに追われています。

 多くの皆さんの協力に感謝しながら、きょうの私は、午前9時前から政見放送の収録で秋田市内の4テレビ局を回り、夕方は横手市での公開討論会。それぞれで率直な自分の思いを話してきました。

by shouichiro_sato | 2009-03-23 23:56 | 秋田県知事選挙 | Comments(0)  

「事務所開き」

 あす22日(日)、午後1時から「さとう正一郎・秋田県知事選挙対策本部事務所開き」を行います。会場は秋田市南通亀の町1-10、プレイタウンビル2階の「ドリームワールド」。同事務所は知事選挙告示後は、私の選挙事務所となる予定です。

 神事などのセレモニーに続いて選挙対策本部の会議を行い、告示後の遊説日程や運動の進め方などについて決定します。政党の支持を受けていないこともあり、スタッフ全員が全県規模の選挙は初めての、素人ばかり。手探り状態ながらも、準備を進めてきました。しかしながら、ポスターの掲示や選挙用はがきの宛名書き、法定ビラへの証紙張などには多くのボランテアが必要となり、担当者もスタッフの確保に奮闘しています。

 そこでお願いがあります。選挙運動期間中に、事務所でボランテアとして活動できる方を引き続き募集しております。成人であれば老若男女は問いませんから、興味のある方は是非ともご一報ください。「皆してやらねば」秋田を変えることはできません。ご協力をお願いいたします。

by shouichiro_sato | 2009-03-21 21:24 | 秋田県知事選挙 | Comments(2)  

候補者討論会

 きょうの午前中、秋田魁新報社の応接室で「知事選候補者討論会」が開かれ、すでに出馬表明している私たち3人に、18日に出馬表明した共産党公認の藤本金治さんも出席しました。

 この討論会の内容は知事選挙の告示後、秋田魁新報の新聞紙上で紹介されます。主なテーマは次の通りで、聞き手は同社編集局の船木保美・報道本部長です。

 ① 産業振興について(農業、対岸貿易等を含む)

 ② 寺田県政への評価

 ③ 少子高齢化への対応(子育て支援策、地域医療問題も含む)

 ④ 中心市街地空洞化、「限界集落」への対応

 ⑤ 逼迫する県財政をどうするか

 ⑥ 道州制へのスタンス

 ⑦ 県組織の在り方

 ⑧ 全国学力テスト市町村別結果公表へのスタンス

 ⑨ 当選後、真っ先に取り組みたい事業

 中でも、私と川口さんの意見が微妙に違っていたのは、「寺田県政への評価」「道州制へのスタンス」「学力テストの結果公表へのスタンス」など。川口さんには寺田知事の日頃の主張と近いものを感じました。

 「秋田の再生」を目指す政策には争点となるものが少ない中で、政治姿勢がクローズアップされていくのでしょうか。私は主張の違いを明確にして、県民の皆様の判断を仰ぎたいと思っています。

by shouichiro_sato | 2009-03-20 22:00 | 秋田県知事選挙 | Comments(0)  

知事選立候補予定者による「公開討論会」

 きょう午後6時から、秋田駅に隣接するアルヴェの多目的ホールで、(社)日本青年会議所東北地区秋田ブロック協議会(会長・長谷川尚造さん)が主催する、秋田県知事選挙「マニフェスト型公開討論会」が開かれ、立候補予定者の一人として、出席してきました。

f0081443_23424100.jpg
 (写真・開場前に、座る位置や発言の順番については「くじひき」が行われました)

 公開討論会では、初めに3人がそれぞれのマニフェストを説明。その後は現在の景気に対する具体的な施策(雇用対策)や農林業に対する具体的な施策(短期的・長期的取り組み)、秋田県外との対応(道州制や隣県との関わり)、市町村との関わり(機能分担・地域振興局)、少子高齢化に対する具体的な施策、の5点をテーマに意見を交わしました。

 内容についてはこの後、新聞紙上で紹介されるほか、秋田ケーブルテレビでは討論会の模様を全て収録しており、20日から25日までの間、9時と19時からの2回にわたって放送する予定と聞いています。秋田市内を中心に4万世帯以上もの方が視聴可能であり、是非ともご覧ください。

by shouichiro_sato | 2009-03-17 23:45 | 秋田県知事選挙 | Comments(2)