人気ブログランキング |

カテゴリ:政治活動( 159 )

 

故村岡兼造氏の葬儀

 昨年12月25日に逝去した元衆議院議員で郵政大臣や運輸大臣、内閣官房長官を歴任した故村岡兼造氏(享年88歳)の葬儀が、由利本荘市と自由民主党、村岡家の合同葬できょう、由利本荘市文化交流館カダーレで行われ、参列してきました。

故村岡兼造氏の葬儀_f0081443_22105391.jpg
 (写真・遺影が掲げられた鳥海山と芋川の桜並木がイメージされた祭壇)

 葬送の辞は由利本荘市長・長谷部誠氏と自由民主党幹事長代理・金田勝年衆議院議員。衆議院弔詞を大島理森衆議院議長が捧げ、弔辞は内閣官房長官・菅義偉衆議院議員、平成政治研究会会長代行の外務大臣・茂木敏充衆議院議員、秋田県知事・佐竹敬久氏、秋田県議会議長・加藤鉱一氏。それに曹洞宗管長の弔詞がありました。

 葬儀には赤松広隆衆議院副議長、中村喜四郎衆議院議員、自由民主党元幹事長の古賀誠氏、同党元幹事長の石破茂衆議院議員をはじめ、村岡氏とご縁のあった国会議員も多数出席。会場には由利本荘市民と県内外から集まった1100人を超える方が、献花して故人とお別れしています。 合掌。

by shouichiro_sato | 2020-02-09 22:11 | 政治活動 | Comments(0)  

県議会報告会

 昨日は佐藤正一郎県議会報告会「2020新春の集い」を羽後町活性化センターで開催し、県議会での活動や県政の課題などについて報告しました。

 昨年4月に3期目の当選を果たし、引き続き県議会に参加していることに感謝。秋田市の陸上自衛隊新屋演習場が地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備候補地となっていることについては、引き続き問題を提起して県の対応を質してきたこと。福祉環境委員会のメンバーとして、地域医療体制の存続や環境整備、クマなどの野生鳥獣対策に取り組んでいること。人口減少下であってもこれ以上に高等学校の統合を進めれば地方創生に逆行するので、小規模でも魅力ある高校にする必要があることなどを話しました。

 来賓の挨拶は安藤豊羽後町長、国土交通副大臣御法川信英氏の代理で秘書の髙橋芳道氏、元衆議院議員の村岡敏英氏。特別ゲストとして来場した佐竹敬久秋田県知事が「秋田県の魅力やこれからの県政運営、イージス・アショアを新屋に配備することには同意できない」などの講話を行っています。

by shouichiro_sato | 2020-01-13 21:47 | 政治活動 | Comments(0)  

県議会報告会

 毎年1月に実施している「佐藤正一郎県議会報告会 2020新春の集い」は今回、令和2年1月12日(日)午後2時から羽後町活性化センターホール(羽後町役場隣り)で開催することになりました。

 この一年間の県政や今後の課題等について、報告させていただきます。過去に参加いただいた皆さんや湯沢市雄勝郡内の有志の皆さんにはすでに開催の案内文を送付しましたが、どなたでも参加できますので是非ともご来場ください。

 尚、報告会に続いて後半には、会費制(一人2000円)で懇談会を計画しています。終了は午後4時30分の予定です。

by shouichiro_sato | 2019-12-15 21:27 | 政治活動 | Comments(0)  

対照的な選挙戦

 参院選も21日の投票日まであと一週間。秋田選挙区は自民党の現職と(野党統一の)無所属新人候補による激戦が報じられています。自民党は土日に安倍総理や菅官房長官が来秋するなど、公示日から連日のように党幹部が応援に駆けつけています。一方、無所属候補は中央からの応援を求めず、地道に手作りで草の根の運動を展開中。これ程までに対照的な選挙戦、初めてですネ。

 無所属候補が個人の生い立ちや人柄と考えを訴えているために、年金問題や憲法改正などは争点となっておらず、もっぱらイージス・アショアの配備に関する自民党候補との違いがクローズアップされている様子です。

 連日、知名度のある国会議員を秋田に派遣し、組織力をフルに活かして総力戦となってきた自民党。かつてない体制での運動が展開されているということは、・・・・それだけ秋田選挙区の情勢が厳しい?ということなのでしょうか。

by shouichiro_sato | 2019-07-15 23:51 | 政治活動 | Comments(0)  

後始末?

 県議会議員選挙はきのう終わり、この後は収支報告書の提出など、「後始末」をしなければなりません。

 それと同時に、現職の議員には「資産報告書」や「政務活動費の報告書」など、4月末までに様々な書類の提出が義務付けられています。議員にとっては普段の活動に対する有権者の「眼」も厳しくなっていますから、しっかりまとめなければなりません。

 今回の選挙では、在任中に政務活動費の問題が指摘されり、ハラスメントの疑義が報道された現職の2人が落選。日頃の言動を有権者がしっかり見ている証左でもあり、この現実をしっかり受け止めなければなりません。

 現職の議員の任期は4月29日までですが、今月中に会派構成や議長と副議長、所属委員会のメンバー等が内定しますので、水面下?での調整が明日から始まります。尚、改選後の初めての県議会は5月13日と14日に開かれる予定で、正副議長や各委員会の正副委員長など、議会構成が決まります。

by shouichiro_sato | 2019-04-08 23:26 | 政治活動 | Comments(0)  

秋田の県議選

 きょう投票が行われた秋田県議会議員選挙は、選挙となった6選挙区のうち、定数を1人超えていた鹿角市鹿角郡、南秋田郡、由利本荘市などで新人が当選し、ベテランを含む現職が敗れました。能代市山本郡、横手市は現職が全員当選しています。

 定数12に対して14人が立候補した秋田市は、現職と早くから立候補の準備をしてきた新人が当選しました。

 各候補者にとっては厳しい審判?ですが、結果はしっかりと受け止めなければなりません。私自身も過去の様々な選挙において何回も涙をのんできましたから、その経験からすると、特に現職で落選した皆さんにはその要因をしっかり分析することをおすすめします。

 候補者の皆さんには、誠にお疲れさまでした。

by shouichiro_sato | 2019-04-07 23:23 | 政治活動 | Comments(0)  

県議選は終盤

《 カメラスケッチ・県議選② 》

県議選は終盤_f0081443_19553916.jpg
県議選は終盤_f0081443_19572695.jpg
県議選は終盤_f0081443_19580004.jpg
 
写真は上から、秋田市、由利本荘市、横手市の各掲示場に張られている候補者のポスター。各選挙区とも、新人の動向が注目されています。

by shouichiro_sato | 2019-04-05 20:01 | 政治活動 | Comments(0)  

県議選は終盤

 《 カメラスケッチ・県議選➀ 》

県議選は終盤_f0081443_22372820.jpg
県議選は終盤_f0081443_22485107.jpg
県議選は終盤_f0081443_22390452.jpg
 写真は上から、鹿角市鹿角郡、能代市山本郡、南秋田郡の各掲示場に張られた候補者のポスター。各選挙区とも定員を一人上回る立候補があり、現職と新人が激しく争っています。

by shouichiro_sato | 2019-04-04 22:52 | 政治活動 | Comments(0)  

無投票当選

 きょう告示された秋田県議会議員選挙で、湯沢市雄勝郡選挙区は定数3を超える立候補者はなく、無投票での当選が決まりました。
無投票当選_f0081443_22211647.jpg
 当選したのは届け出順に、6日に急逝した大関衛県議会議員の後継として立候補した住谷とおる氏(42歳・湯沢市千石町、会社役員)、現職の東海林洋氏と私の3人です。

by shouichiro_sato | 2019-03-29 22:24 | 政治活動 | Comments(1)  

あす告示

 秋田県議会議員選挙はあす告示され、4月7日の投票日に向けて選挙戦が始まります。

 昭和55年3月、初めて羽後町議会議員選挙に立候補してから、今度の選挙は13回目。いつものように多くの仲間の皆さんのご協力をいただき、選挙への準備はすっかり整いました。様々な状況を想定しながら、県政課題についての主張を訴え、全力で取り組んでまいります。

 尚、告示後はブログの更新ができませんので、ご了承ください。

by shouichiro_sato | 2019-03-28 21:17 | 政治活動 | Comments(0)