カテゴリ:政治活動( 148 )

 

ビラ解禁

 日常の政治活動で使える「文書」には、後援会等が発行する「討議資料(リーフレット等)」がありますが、公職選挙法の改正により、今回の県議会議員選挙から「選挙用ビラ」が認められることになりました。従来の「選挙ポスター」「選挙用はがき」に加え、大きさはA4サイズ以内で2種類まで、計16000枚の配布が可能です。ただし、立候補届が受理されると交付される証紙を貼ることが必要で、街頭演説などの場所で配布できるほか、新聞に折込むことができます。

 自分が掲げる公約やプロフィルなどを盛り込んだ「ビラ」であるものの、どのようにして有効活用するべきか。国政選挙や知事選挙に比べて運動期間が短いこともあり、苦慮しています。

by shouichiro_sato | 2019-03-19 21:09 | 政治活動 | Comments(0)  

6割が反対

 秋田魁新報社が県議選に立候補を予定している50人にアンケートしたところ、迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」について、30人が秋田市の陸上自衛隊新屋演習場への配備に反対していることが分かりました。「どちらかと言えば賛成」と答えたのは自民党の現職2人だけであり、反対の理由は「住宅地や学校などに隣接している」というのが大半です。「どちらともいえない」と答えたのは自民党と公明党、無所属の18人でした。

 ただ、反対している議員の中で自民党に所属している現職議員は、2月県議会で審議された「新屋への配備撤回を求める」請願等に対しては「継続審査」を主張しており、態度を明確にしていませんでした。議会での審査と、選挙を直前に控えた時点での新聞社への回答にみるこの乖離は一体何なのでしょう。

 同紙の今日のコラム「北斗星」には、地上イージスに関して県議会議員6人がアメリカやポーランド、ルーマニアで海外事情調査したことにふれ、県議会の総意が明確にされないままであるならば、何のための調査だったのかと指摘していました。

 私はイージス・アショアの配備について、イージス艦の増船計画があるのでそれでいいとして「どちらかといえば反対」。新屋演習場への配備は人家などに近く、ミサイル基地としては不適であるために「反対」。この問題に対する佐竹知事の姿勢については、配備候補地が狭いことを認識していながら調査結果を待つというのは問題であり、「どちらかといえば評価しない」と回答しました。

by shouichiro_sato | 2019-03-18 20:55 | 政治活動 | Comments(1)  

決起大会

 県議選の告示が迫っている中、きょうは後援会が主催する「佐藤正一郎を励ます総決起大会」が、町文化交流施設・美里音のホールで開催されました。日曜日の午後にもかかわらず多くの皆さんに参加いただき、様々な立場の皆さんから激励の意見を賜りました。誠にありがたく、心から感謝申し上げます。

 湯沢市雄勝郡選挙区では現職の大関衛さんと東海林洋さん、それに私の3人が立候補を予定して準備を進めていましたが、5期20年の実績がある大関さん(元自民党秋田県連幹事長・50歳)が、6日に心不全で急逝。予想しなかった突然の出来事に、地域では衝撃が走りました。

 後任の候補者を巡る動きが注目されたこともあり、告示まで残された10日余りの間にも、何が起こるか分からないのが政治の世界。気を引き締めて、しっかり準備を進めたいと確認した決起大会でした。

by shouichiro_sato | 2019-03-17 22:44 | 政治活動 | Comments(0)  

歩くこと

 県議会議員選挙の告示まで2週間余りとなり、2月議会終了後は地域内を歩き回っております。こうした機会は4年ぶりとなってしまい、出会った多くの皆さんから「久しぶりだ」「元気だったか」「テレビで見たよ」などと様々な声をかけていただきました。そんな出会いの連続に、政治活動はやっぱり地域内を歩くことが一番だと痛感した次第です。

 佐藤正一郎後援会では「元気な秋田を創造」するリーフレット(討議資料)を配布してくれておりますが、残された時間も極力、歩くことに徹したいと思います。

by shouichiro_sato | 2019-03-12 22:43 | 政治活動 | Comments(0)  

告示まで1ヶ月

 任期満了による県議会議員選挙の告示(3月29日)まで、1ヶ月となりました。後援会のご支援をいただいて準備作業は進めていますが、この時期は議会開会中で地元を離れることが多く、地域での訪問活動はまだまだ進んでいません。

 しかし、3月1日からは湯沢市佐竹町2-8にある湯沢事務所に、後援会事務局スタッフが常駐して準備に当たり、西馬音内の事務所は同29日に開所予定です。17日には羽後町三輪にある町文化交流施設「美里音」で、後援会が主催する決起集会を計画しており、私自身が県議選に臨む決意を表明させていただきます。

by shouichiro_sato | 2019-02-27 22:56 | 政治活動 | Comments(0)  

県議会報告会

 今年も県議会報告会「2019・新春の集い」をきょう開き、多くの皆さんと懇談することができました。ご参加いただいた皆様に衷心より感謝申し上げます。

by shouichiro_sato | 2019-01-20 22:20 | 政治活動 | Comments(0)  

拡大役員会議

 昨日、佐藤正一郎後援会の拡大役員会議を開き、来春の県議選に向けて準備を進めることを確認していただきました。

 尚、12月議会では4日に一般質問を行う予定であり、秋田市の陸上自衛隊新屋演習場に配備が計画されている地上配備型迎撃ミサイルシステム(イージス・アショア)について、ポーランドやルーマニアでの調査を踏まえて問題点を質します。拡大役員会議でも、イージス・アショアについて多くの関心が寄せられています。

 また、例年開催している「県議会報告会・新春の集い」は平成31年1月20日(日)、午後2時から西馬音内で予定しています。詳しくは来月中旬以降、ご案内いたします。

by shouichiro_sato | 2018-11-24 22:55 | 政治活動 | Comments(0)  

選挙まで6ヶ月

 政府は来春の統一地方選挙について、都道府県の知事選・県議選と政令市長選・議員選は4月7日、その他の市区町村の首長選・議員選は同21日に実施する方針を固めました。秋田県では県議選と秋田市議選などが該当します。

 そんな訳で、残りの任期が約6ヶ月となった昨今、そろそろ選挙に向けた動きも見えてきました。県議会の現職では一名が態度を保留しているものの、残る全員が立候補の意向。欠員が各1となっている秋田市と大仙市・仙北郡の選挙区、鹿角市・郡選挙区では新人が表明しているほか、今後は他の選挙区でも動きがあることでしょう。

 一方、来年夏には参議院議員選挙があることから、政党による準備も始まりました。立憲民主党と国民民主党、それに連合が候補者の一本化を目指すことで覚書を交わしたことが明らかになり、秋田県内でも統一候補の擁立に向け連携する動きが出てきました。今月15日には立憲、国民の2党に連合秋田、社会民主党を交えた会合を開き、選挙の準備作業に入る模様です。

 候補者の人選はこれからですが、各党や組織のトップは「勝てる候補を擁立したい」。参院選には自民党の現職と共産党の新人が出馬を予定しており、こちらもこれから動きが出てくることでしょう。

by shouichiro_sato | 2018-10-11 21:37 | 政治活動 | Comments(0)  

連合の政治活動

 秋田県第3区の連合役員と連合秋田議員懇談会(会長・三浦英一県議会議員)との意見交換会が開かれ、連合の政治活動について連合秋田の黒崎保樹会長より問題提起が行われました。

 労働組合が政治活動に取り組むのは、暮らしが政治と深くつながっており、「自らの生活を改善するため」「社会的責任および組合員と同じ政治的課題の共有」するため。その活動には「政策実現活動(政策・制度要求)」「政治教育活動」「組織強化活動」「選挙活動」があります。

 連合の政治理念は、政府や政党とは異なる自主的組織として主体性を堅持しつつ、目的と政策を共有する政党及び政治家と協力して、労働者とその家族の労働と生活環境の改善をはかり、真の「ゆとり・豊かさ」を実現することなどが掲げられています。

 黒崎会長は「働くことを軸とする安心社会と政策提言・政治活動」のテーマのもとに、直近の県議選や参院選、衆院選の選挙結果と(組合員の)動向を紹介し、「政治活動は身近な労働組合活動です。私たちの政策を実現するため、一人ひとりの声を政治に届けましょう」と呼びかけました。

by shouichiro_sato | 2018-07-27 22:47 | 政治活動 | Comments(0)  

後援会

 佐藤正一郎後援会(会長・加藤忠紀さん)の役員会を開き、来年春に任期満了で予定されている県議会議員選挙に、3選を目指して出馬することに同意いただきました。選挙まではまだ10ヵ月もありますが、周辺での動きも早いためにこの時期に確認いただき、しっかり準備していくことにしています。

by shouichiro_sato | 2018-06-24 22:52 | 政治活動 | Comments(0)