人気ブログランキング |

カテゴリ:今日の出来事( 832 )

 

熊本豪雨

 3日から4日未明に熊本県南部を襲った豪雨から一夜明けたきょう、球磨川の氾濫や土砂災害で21人が死亡し16人が心肺停止、行方不明者は14人となっています。濁流にのみ込まれた山に囲まれる市街地や泥に埋もれた家屋の様子を見て、言葉を失ってしまいました。

 同県内では約50集落が孤立状態にあり、午後5時現在で人吉市や球磨村などで約20万人に避難指示が続いています。梅雨前線は7日にかけて九州北部に停滞する見通しで、この後も熊本県や宮崎県、鹿児島県では24時間降水量で250ミリの大雨が予想されています。

 (執筆中)

by shouichiro_sato | 2020-07-05 22:11 | 今日の出来事 | Comments(0)  

総会は中止

 県立大曲農業高校農友会(会長・伊藤稔さん)の理事会・評議員会が同校の講堂で開かれ、毎年この時期に開催していた総会を中止することを決めました。新型コロナウイルス感染拡大に伴い会員の健康と安全を第一に考慮し、総会ができない場合は理事会・評議員会で代えることができるという会則にに基づいたもので、付議事項は農友会誌に掲載して報告します。

 母校である大曲農業高校(校長・菅原和久先生、499名の生徒が在籍)は令和4年に創立130周年を迎えることから、今年から記念事業に向けた準備を始めることになっています。卒業生は分校を含めると今春で3万901人となりました。

総会は中止_f0081443_15013929.jpg
 (写真・校舎の前庭に保存されている大農の「正門」。5月に撮影)

by shouichiro_sato | 2020-06-27 20:47 | 今日の出来事 | Comments(0)  

クマの目撃

 秋田魁新報の第2社会面には「クマの目撃」コーナー?があり、秋田県内での目撃情報が連日掲載されています。きょうの紙面には何と12件(8日の目撃)もありましたが、そのうち4件は羽後町内でした。(写真)

クマの目撃_f0081443_09415773.jpg
 このうち床舞地域で朝夕に目撃されたのは同じクマと思われますが、他の2件は地域も離れており、別々のクマでしょう。新聞には掲載されていませんが(地元の人は届出をしない事が多い)、最近は当地でもクマとの遭遇事例や目撃情報が多く聞かれます。町の面積の半分以上を占める田代・仙道や飯沢地域、西馬音内南部は出羽丘陵の南端にあることから、以前からクマは生息していましたが、近年は目撃されることが多くなってきました。個体数が増えているのでしょう。

 町の防災無線も最近は「クマに注意」を呼びかける放送を繰り返しています。

by shouichiro_sato | 2020-06-09 22:15 | 今日の出来事 | Comments(0)  

「暑いなあ」

 きょうの県内は気温が上昇し、当地でも30℃を超える暑さでした。例年この時季には気温の高くなる日があるものですが、身体な慣れていないこともあり、キツイですネ。そのうえ、新型コロナウイルス感染予防のためにマスクの着用が求められており、いつもと違う息苦しさを感じています。

「暑いなあ」_f0081443_21073612.jpg
 (写真・湯沢市の高速道路入口では32℃の表示がありました。午後1時過ぎ)

by shouichiro_sato | 2020-06-04 21:10 | 今日の出来事 | Comments(0)  

栗駒山麓

 好天に誘われ、冬期間の閉鎖が解除されている国道342号・県道仁郷大湯線・国道398号を通って、東成瀬村から須川高原~小安を巡り、道路事情を踏査してきました。

 栗駒山麓は新緑が盛りで、須川高原の県境にある駐車場は秋田や宮城ナンバーの自家用車やオートバイがたくさん。露天風呂が話題の栗駒山荘などの施設は新型コロナウイルスの影響であす31日まで休業中ですが、多くの皆さんが「清々しい気分です。素晴らしい景色に癒されますネ」とのこと。

 ここ数ヶ月は自宅に閉じこもる?ことが多かっただけに、久しぶりのドライブでストレス発散です。皆さんもどうぞお出かけください。ただし、山菜やタケノコ採りをされる方は、クマとの遭遇や道に迷う事故に、くれぐれもご注意ください。

栗駒山麓_f0081443_22201034.jpg
 (写真・快晴の須川高原からは鳥海山が見えました。手前の建物は栗駒山荘)

by shouichiro_sato | 2020-05-30 22:21 | 今日の出来事 | Comments(0)  

高瀬駐在所

 当地にある湯沢警察署高瀬駐在所に今春赴任した田中材(もとき)巡査長が、きょう午前に我が家に立ち寄ってくれたとのこと。私は秋田市に出かけて不在でしたが、徒歩で集落内の各家々を訪問していたとのことで、家族も感謝していました。

 同駐在所は羽後町の田代と仙道の両地区を管轄していますが、範囲は町の総面積230㎢の3分の2以上を占める広さで、標高230m以上の中山間地に52集落、約800世帯が暮らしています。一見のどかな農山村ではあるものの、事件や事故も時々発生しており、駐在所は地域の安全・安心を守る拠り所。それだけに赴任してくる駐在さんを皆んなが頼りにしており、地域の一員として受け入れています。
高瀬駐在所_f0081443_08543027.jpg
 (写真・特別定額給付金をねらう詐欺への注意を呼びかける「駐在所速報」)

by shouichiro_sato | 2020-05-25 22:17 | 今日の出来事 | Comments(0)  

幻のオリンピック

 今から40年前の1980年5月24日、日本オリンピック委員会は臨時総会を開き、同年に開催されるモスクワ五輪への不参加を決めました。ソ連のアフガニスタン侵攻に抗議するアメリカ(カーター大統領)が西側の国にボイコットを呼びかけたもので、日本の選手にとっては「幻のオリンピック」となりました。

 マラソンの瀬古俊彦さんや柔道の山下泰裕さん(現・日本オリンピック委員会会長)が出場できなかった、あの五輪です。羽後町出身の斎藤慎太郎さん(愛知県在住)もハンドボール競技の日本代表に選ばれておりました。

 新型コロナウイルスの感染が無ければ、今年は東京オリンピック・パラリンピックの年。今頃は聖火リレーが日本全国を駆け巡り、国内では五輪ムードが盛り上がっていたことでしょう。ただ、感染は地球規模で拡大しており、収束の見通しは立っていません・・・・・。来年に延期した東京大会が無事に開催できることを願うばかりです。

by shouichiro_sato | 2020-05-24 23:38 | 今日の出来事 | Comments(0)  

ザ・偉人伝

 BS朝日の日曜夜は「ザ・偉人伝」。今夜は船村徹、北島三郎、弦哲也の3人で、日本の歌・演歌の歴史と神髄をしっかり聞かせていただきました。

 栃木県から上京して音楽に打ち込んだ作曲家の故船村徹さんと、茨城県出身の作詞家・故高野公男さんの出会いから始まる船村メロデーの数々。10代の時に北海道から歌手を目指して津軽海峡を渡った北島さん。歌手で伸び悩みながら作曲家に転身して飛躍した弦さん。3人がそれぞれに出会い、日本の演歌界の大御所になった物語に感動しながら、好きな曲の連続に聞き入りました。

 最近のテレビは歌番組が少ないですが、BSは各局が特色ある構成で放送していますから、嬉しいですネ。

 そう言えば、新型コロナウイルスの感染防止のためにカラオケが禁止?されてからというもの、2ヵ月以上も歌っていませんでした。今夜流れた曲の数々は私の好きなカラオケの定番曲ばかり・・・、早くマイクを手にしたいものです。

by shouichiro_sato | 2020-05-17 23:25 | 今日の出来事 | Comments(0)  

5月5日

 5月5日は「こどもの日」。祝日法2条によれば、「こどもの人格を重んじ、子供の幸福をはかるとともに、母に感謝する」という趣旨で、1948(昭和23年)年7月20日に制定された国民の祝日です。

 我が家では子供たちも30代となり、集落内にも子供が少ないこと。さらには新型コロナウイルス感染防止で外出自粛が続いていることから、子供たちと触れることがない一日となってしまいました。むしろ、こどもの日に「母に感謝する」趣旨があることを確認した次第です。ただ、5月の第2日曜日(今年は5月10日)が「母の日」とされていますが、こちらは法律で定められたものではなく、1949年ころからアメリカに倣って行われるようになったと言われています。


 《 追記 》

 さとう正一郎日記 「元気な秋田」を創造しよう は今回の投稿で通算5000号となりました。2006年3月7日、初めてノートパソコンでブログを投稿してから、15年目に入っています。日々の出来事や社会の動きへの所感、政治活動などについて思いつくままに書きとめてきましたが、私自身の足跡でもあります。皆さんからの叱咤激励に感謝し、これからも続けたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

by shouichiro_sato | 2020-05-05 22:52 | 今日の出来事 | Comments(0)  

3月31日

 きょうは3月31日。県や市町村では退職者辞令交付式が行われ、多くの方が長年勤めた職場に区切りを付けました。ただ、半数近い皆さんは再任用職員として、引き続き頑張る模様です。

 国会ではきょう、希望する人が70歳まで働けるよう、企業に就業機会確保の努力義務を課すことを柱とした関連法が成立しました。少子高齢化が進み、働く世代がどんどん減っている現状から、社会保障制度の担い手を増やすため、高齢者の就業や副業・検校といった多様な働き方を促進する内容で、来年4月から実施されます。

 企業は、➀定年廃②定年延長③継続雇用制度、という従来の働き方加え、➃起業したりフリーランスになったりしたい人へ業務委託する➄自社が関わる社会貢献事業に従事させるーーを新設。他社への転職を後押しすることも認めています。厚生労働省は労使が合意すべき内容などを省令で定め、指針をまとめる予定です。

by shouichiro_sato | 2020-03-31 22:07 | 今日の出来事 | Comments(0)