人気ブログランキング |

カテゴリ:今日の出来事( 818 )

 

大震災25年

 6434人が犠牲となった阪神・淡路大震災から25年経ちました。平成7年(1995年)1月17日、午前5時45分に兵庫県淡路島北部沖の明石海峡を震源として発生した、マグニチュード7.3、最大震度7を記録した大地震です。

 高速道路の倒壊や鉄道・電気・水道・ガス・通信など社会インフラが寸断され、さらには住宅密集地で大火災が発生。負傷者は4万人以上、住宅の全壊10万戸以上、半壊が14万5千戸など、今でもテレビで放送された惨状が目に焼き付いています。

 昨日は兵庫県内各地で追悼式典が開かれたほか、地震発生の時間に合わせて黙祷する市民の姿がありました。

 その後も全国各地で大きな地震災害が続いており、これからの時代のためにも、防災や復興、被災者支援といった「阪神淡路の教訓」をしっかり繋いでいかなければなりません。

by shouichiro_sato | 2020-01-18 21:12 | 今日の出来事 | Comments(0)  

新年祝賀会

 湯沢商工会議所(会頭・和賀幸雄さん、1043事業所)の新年祝賀会が開かれ、出席してきました。

新年祝賀会_f0081443_08424672.jpg
 (写真・新年の抱負を述べる和賀会頭。湯沢グランドホテル)

 会員160人余に関係する来賓約50人が参加し、今年の地域経済発展への決意を新たにしています。和賀会頭は「海外にも積極的に湯沢をアッピールする。(今月7日に開設された)市ビジネス支援センターゆざわBizに活動にも期待したい」と挨拶。私は県議会議員を代表して「女性の活躍、元気な高齢者の参加、県外・海外からの人材の招聘の3点を地方から実践して、人口減少社会を乗り切ろう」と祝辞を述べてきました。

by shouichiro_sato | 2020-01-10 21:41 | 今日の出来事 | Comments(0)  

連合秋田30周年

 働く皆さんの組織である連合秋田(会長・黒崎保樹さん)は今年結成30周年を迎え、今夜は記念式典と賀詞交換会が開かれました。

連合秋田30周年_f0081443_23343134.jpg
 (写真・連合の同志500人余が参加した記念式典。秋田ビューホテルで)

 黒崎会長は挨拶で「結成から30年の時が流れ、私たちは歴史的な岐路に立っている。2035年を展望した連合ビジョンを策定し、その基調としたものは持続可能性と包摂性だ。連合結成の原点に立ち返り、使命と役割を果たしていかなけれなばならない」と述べ、「課題に真正面から向き合い、次代につなぐための『まもる・つなぐ・創り出す』運動の推進に向け、果敢に挑戦していきたい」と意気込みを語りました。

by shouichiro_sato | 2020-01-07 23:38 | 今日の出来事 | Comments(0)  

加藤日出男さん

 秋田市出身で青年運動組織「若い根っこの会」会長の加藤日出男さん(90歳)が昨年12月22日に死去していたと、きょうの秋田魁新報が報じています。

 「若い根っこの会」は地方から都会に出てきた若者を支援しようと1953年に始まったもので(私が生まれた年です)、若者たちの心のよりどころでした。「美しい花を見て根っこを思う人は少ない。根っこは人目にはつかないが、花を咲かせる夢があり、樹木を支える力がある。根っこのようにたくましく生き抜こう」と、運動を展開。埼玉県川越市に建てた交流施設「根っこの家」を拠点に、青年運動のリーダーとして活躍し、グアム・サイパンで戦没者を慰霊する船旅「洋上大学」の実施や多数の著書の執筆、メディア出演などで幅広く活動してきました。

 私も今から40数年前、秋田県青年の家で加藤さんの講演を聞いたことがきっかけで、農業近代化ゼミナールの研修事業「ゼミバス」で何回も根っこの家を訪ね、寝食を共にしながら加藤さんの情熱あふれるお話に心を揺さぶられた思い出があります。多くの若者たちが加藤さんに生きる力をもらっています・・・・、  合掌。

by shouichiro_sato | 2020-01-06 21:12 | 今日の出来事 | Comments(0)  

年賀状

年賀状_f0081443_09121382.jpg

by shouichiro_sato | 2020-01-01 09:12 | 今日の出来事 | Comments(0)  

暖冬の正月?

 きょうの当地は最高気温が8℃ほどになり、穏やかな一日でした。「秋田のみち情報」による田代観測所の積雪深は26cm(横手や湯沢は0cm)で、道路には全く雪がありません。正月前に屋根の雪降ろしを1~2回も行う年もありますから、今年は助かっています。

 ただ、あす31日から元旦にかけては日本列島にこの冬一番の寒気が入り、西高東低の冬型の気圧配置となるため、暴風雪と大雪の予報。友人と車で関東方面を旅行中だった長男も、予定を早めて今夜遅く帰宅するとの連絡がありました。

 その後の天気予報では、新年は1月中旬まで降雪量は少ない模様。「この冬は雪が少なく、暖冬」ということでしょうか。

by shouichiro_sato | 2019-12-30 21:51 | 今日の出来事 | Comments(0)  

真室川雄勝道路

 《 カメラスケッチ・起工式 》

真室川雄勝道路_f0081443_20374355.jpg
真室川雄勝道路_f0081443_20381318.jpg
真室川雄勝道路_f0081443_20383713.jpg
 東北中央自動車道となる秋田県と山形県の県境区間・国道13号「真室川雄勝道路」(約7.2km)の起工式がきょう、湯沢市上院内のIC予定地で行われました。地元に伝わる役内番楽が地鎮舞と獅子舞を披露し、湯沢高校書道部の皆さんが喜びと夢を揮毫してお祝いしています。

by shouichiro_sato | 2019-12-14 20:50 | 今日の出来事 | Comments(0)  

新屋配備見直し

 地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」について、政府が秋田市の陸上自衛隊新屋演習場への配備計画を見直す方向で検討に入ったことが、今日の新聞で報じられました。共同通信が配信したものです。

 当然のことながら?、菅官房長官は午前の記者会見で「現在再調査を実施中で、何らかの方針や検討の方向性を決定した事実はなく、ゼロベースで公平に見直しをする」と述べ、来年3月までの調査結果を踏まえて決定することを強調。佐竹敬久秋田県知事と穂積志秋田市長も、「防衛省からの正式な連絡はない」としています。

 報道と政府の姿勢については、イージス・アショアの配備候補地に秋田県と山口県が見込まれると2年前に報じられても、防衛省は検討中だとして記事の内容を認めず、結局その通りの内容で公表したのは半年後のことでした。そんな手法からすると今回も、情報をリークしながら反応を見るという、常套手段なのかもしれません。新屋に決めている計画を見直すのですから、異例のことであり、今後の展開が注目されます。

 ただ、新屋演習場が住宅密集地に近いなど、ミサイル基地を配備する場所としては不適であることは変わりありませんから、今回の報道に右往左往することなく、知事も市長も今後予定されている防衛大臣との面会の際は、「新屋への配備は難しい。住民の理解も得られず、受け入れられない」と、はっきり主張しなければなりません。

by shouichiro_sato | 2019-12-11 23:40 | 今日の出来事 | Comments(0)  

ドカ雪

 秋田県内ではきょう昼頃まで冬型の気圧配置が続いて、各地で大雪となりました。秋田地方気象台によると、午後6時までの最大積雪は横手市で85cmで、この時期としては最も多くなっています。次いで湯沢市80cm、北秋田市阿仁合で50cmなどとなっています。

 羽後町を見ると西馬音内で82cm、田代で80cm、仙道では94cmを観測していました。羽後町杉宮では昨夜、住宅に20m程の杉の木が倒れているのが見つかっています。イッキに降ったドカ雪ですが、町内は除雪態勢も良く、交通が確保されているのは何よりでした。

 横手市などでは雪下ろしで早くも2人がケガをしています。雪の季節は始まったばかりであり、慌てずに、しっかりと対応していきましょう。

by shouichiro_sato | 2019-12-06 21:25 | 今日の出来事 | Comments(0)  

首都圏羽後町会

 《 カメラスケッチ・首都圏羽後町会 》

首都圏羽後町会_f0081443_20040661.jpg
首都圏羽後町会_f0081443_20043105.jpg
首都圏羽後町会_f0081443_20045378.jpg
 羽後町が誕生して30周年を迎えた昭和60年に発足した「首都圏羽後町会」。34回目となった今年の「総会・ふる里まつり」には200人程が参加され、親しく懇談しています。(写真右は佐藤順輔会長。左は今年度からの会長に決まった田中則夫さん) 出身地域ごとに記念写真を撮ったり(写真は田代地区)、最後にはみんなで西馬音内盆踊りを踊っています。

by shouichiro_sato | 2019-11-24 20:05 | 今日の出来事 | Comments(0)