人気ブログランキング |

被害が拡大

 台風19号による被害が拡大しています。河川の氾濫や土砂災害により、12都県で70人以上が死亡。行方不明者も10人を超えています。国土交通省によると、決壊した堤防は7県の52河川で73ヵ所にも上っています。

 台風による影響は12日早朝から、新幹線や空の便がストップするなどしていましたが、静岡県や神奈川県、群馬県、長野県などでは記録的な大雨が降り、避難を呼びかける情報とともに河川の氾濫などが伝えられていました。その後、豪雨のエリアは次第に北上し、関東地方から福島県や宮城県、岩手県へ。この地域での河川の氾濫や土砂崩れが発生したのは、夜遅くから13日未明でした。都県別の犠牲者数では福島県が最も多く、26人が死亡しています。次いで神奈川県で14人、宮城県で13人が亡くなっています。

 (執筆中)

# by shouichiro_sato | 2019-10-15 23:24 | 事件・事故 | Comments(0)  

ベスト8進出

 ラグビーのワールドカップ(W杯)は昨夜、1次リーグA組の日本はスコットランドを28-21で撃破し、4連勝。同組1位で初の8強進出を決めました。

 前半はスコットランドに先制トライを奪われたが、スピード感あふれる攻撃で3連続トライを決めて21-7。後半も4トライ目を挙げてリードするものの、ここからスコットランドが猛反撃で2連続トライ。最後は相手の攻撃を全員の力で防いで、勝ち切りました。手に汗にぎる攻防に、テレビの前で「押せ!走れー!。負けるなー!」と、思わず興奮してしまいました。

f0081443_08045020.jpg
 (写真・ラグビー日本代表のベスト8進出を伝える、今朝のNHKニュース)

 8強による決勝トーナメントは19日から始まり、日本は20日夜、B組2位の南アフリカと対戦します。頑張れ!ニッポン。

# by shouichiro_sato | 2019-10-14 20:48 | スポーツ | Comments(0)  

町体育協会60周年

 羽後町体育協会(会長・湊幸夫さん)の創立60周年記念式典・祝賀会が開かれ、加盟する15団体の会員など130名が参加しました。式典では同協会の発展に尽力された猪岡堅二さん(前体協副会長)、大友通世さん(前バレーボール協会長)、柴田協三さん(前ハンドボール協会長)、佐藤彌一郎さん(前ゲートボール協会長)の4人に功労賞、加盟する団体の振興に尽くされている12人に感謝状が贈られています。

 湊会長は昭和34年の創立からの歴史を振り返りながら、「体育協会が発足した当初の目的を心に刻み、スポーツを通して健康長寿の実現に努めていこう」と挨拶。それぞれの節目に実施した記念事業を振り返り、これからの発展を祈念しています。

 《 威風堂々・60周年を迎えた令和元年町体育協会指針 》

  スポーツは感動です。
  スポーツを通して社会に元気と勇気を与えられるよう
  背筋を伸ばし姿勢を質して、堂々と令和を進んでいきましょう!

f0081443_08521706.jpg
 (写真・式典では功労賞や感謝状が贈呈されました。町活性化センターで)


# by shouichiro_sato | 2019-10-13 22:26 | 羽後町 | Comments(0)  

大雨特別情報

 非常に強い台風19号が今夜、静岡県伊豆半島付近に上陸して関東地方を北東に進んでいます。気象庁は東京都や神奈川県など1都11県に「大雨特別情報」を出して、「最大級の警戒と命を守る行動を」とるように呼びかけています。すでに突風や土砂崩れ、川に流されるなどして数人が死亡しています。

 関東地方や長野県などでは多数の河川で氾濫が発生しており、さらに午後9時頃から一部のダムで緊急放流が始まり、大雨と暴風による被害はさらに拡大する模様です。大雨の地域は次第に東北地方へ北上しており、福島県や宮城県、岩手県では記録的な雨になると見られています。厳重に警戒してください。

f0081443_22461400.jpg
 尚、NHKでは午前9時30分から通常番組を台風19号関連のニュースに切り替え、特別編成で台風情報(写真・NHKニュースの午後10時43分頃)を放送しています。

# by shouichiro_sato | 2019-10-12 22:48 | 事件・事故 | Comments(0)  

台風19号

 大型で非常に強い台風19号が、あす12日夕方から夜にかけて東海や関東地方に接近し、上陸する見込みです。気象庁は記録的な暴風や大雨で甚大な被害が発生する恐れがあると発表しており、早めの避難を呼びかける報道が続いています。

 すでに航空各社は羽田空港を発着するほとんどの便の欠航を決めたほか、東海道新幹線は始発から運休。高速道路も通行止めになるなど、交通機関は台風の進路に沿って東日本から北日本ではストップする模様です。

 例年であれば好天に恵まれる10月の3連休ですが、各地で予定されていた様々な行事やイベントも中止、あるいは延期となっています。

 9月に関東地方を直撃した台風15号では、千葉県などで大規模な停電や多数の家屋が損壊する被害が発生したばかり。15号より強い勢力であり、厳重な警戒が必要です。

# by shouichiro_sato | 2019-10-11 23:01 | 今日の出来事 | Comments(0)  

ノーベル化学賞

 2019年のノーベル化学賞に、旭化成名誉フェローの吉野章氏(71歳・神奈川県在住)ら3人が決まりました。3氏はリチウムイオン電池を開発し、軽量かつ高出力で、充電して繰り返し使える電池は、現代のモバイル社会実現の原動力になっています。化石燃料に頼らない社会の実現に向けた貢献も評価されました。

 リチウムイオン電池は、スマートフォンやノートパソコン、デジタルカメラなど、私たちの身の回りの電化製品の電源。さらには人工衛星のバッテリーや電気自動車などにも使われています。

 身近に使われている物でも、一つ一つの部品には様々な研究の成果が結集していることを、あらためて感じる受賞です。民間企業で研究を重ねてきたことも注目され、嬉しいですネ。誠におめでとうございます。

 日本人の化学賞受賞は2010年の鈴木章氏と根岸英一氏以来で、8人目です。

# by shouichiro_sato | 2019-10-10 22:46 | 社会・話題 | Comments(0)  

静岡がんセンター

 県議会福祉環境委員会の調査で、静岡県立静岡がんセンターを訪問しました。2002年に開業したがんセンターは、がん患者の診療数では全国トップスリーに位置し、わが国を代表するがんセンターとなっているとともに、患者や家族を重視した「寄り添い、支えるケア」を実践しており、全国のがん専門病院の相談支援センターのモデルとなっています。

 きょうは同センター生みの親である総長・山口建先生(67歳)から今までの取組みと今後の方向についてご教示いただき、最先端の医療施設と技術の現場を視察し、緩和ケアのあり方について学ぶことができました。

 (執筆中)

# by shouichiro_sato | 2019-10-09 23:07 | 秋田県議会 | Comments(0)  

調査特別委員会

 県議会はきょう、人口の社会減抑制に向けた政策を検討する「企業の振興と人材の確保に関する調査特別委員会」(委員長・近藤健一郎議員、委員数10人)を設置しました。県への政策提言をまとめ、再来年以降の施策に反映させることを目指します。

 近藤委員長は初会合で、「人口減少対策として社会減の抑制は極めて重要だ。企業の振興と人材確保というテーマは非常に幅が広いので、様々な意見を聞いて議論の方向を決めたい」と挨拶。今後は県当局から関連施策の現状や課題を聞き取り、県内外での視察や有識者との意見交換などを行う予定です。

# by shouichiro_sato | 2019-10-08 22:33 | 秋田県議会 | Comments(0)  

継続審査

 県議会の総務企画委員会(委員は8人)は、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を秋田市の陸上自衛隊新屋演習場に配備する計画を巡り、新屋配備に反対する意思を表示するように求めた請願8件を、「継続審査」としました。新屋への配備の是非について判断が先送りされるのは、昨年12月議会以降、2月、6月に続いて4回目です。

 委員長(自民)を除く7人による採決で、自民の4人が継続審査に賛成。みらい、社民、共産の3人が請願の採択に賛成討論をを行いましたが、「4ー3」の構図は変わりませんでした。明日の本会議でも、新屋配備に反対する議員が提出する「新屋への配備計画撤回を求める意見書」は、賛成少数で否決される見通しです。

# by shouichiro_sato | 2019-10-07 21:59 | 秋田県議会 | Comments(0)  

南米から研修生

 今年も秋田県が招聘する南米からの研修生が来秋しており、きょうはあきた南米交流会が主催する歓迎会を開催しました。
f0081443_20295307.jpg
 9月に来日した研修生は、ブラジル・アマゾン地域県人会から派遣された佐々木達也ルアンさん(写真右・23歳)と、アルゼンチン秋田県人会の石川ケビンさん(写真左・26歳)の二人です。11月末までに県内の関係機関で日本語や日本の文化を学んでいます。

 佐々木さんの先祖は大仙市南外村出身で、自身のルーツを探求することを希望していました。石川さんの祖先は秋田の聖農・石川理紀之助翁で、父親は長年にわたって在亜秋田県人会の活動に大きく貢献され、昭和51年に海外研修生として秋田に来ています。

 来年はブラジル秋田県人会が発足して60周年。あきた南米交流会では南米を訪問する企画を検討しています。

# by shouichiro_sato | 2019-10-06 20:46 | 秋田県 | Comments(0)