人気ブログランキング |

西馬音内

 《カメラスケッチ・西馬音内》

f0081443_09070040.jpg
f0081443_09072797.jpg
f0081443_09075470.jpg
 きょうの西馬音内は天候に恵まれ、多くのお客さんで賑わいました。冷やがけそばで知られる「弥助そば屋」前には、一日中お客さんの列が。午後には町コミュニテーセンターで恒例の「盆踊り交流会」が開かれ、北の盆のグループが県内外のお客さんに西馬音内盆踊りの歴史や特徴を紹介し、盆踊り体験もあって大好評。夜の本町通りには、800人の踊り手と2万人の観衆が来場しています。

# by shouichiro_sato | 2019-08-17 23:59 | 今日の出来事 | Comments(0)  

西馬音内盆踊り

 国の重要無形民俗文化財に指定されている「西馬音内盆踊り」が今日から始まりました。ただ、羽後町は台風10号の影響で風雨が強く、会場を本町通りから総合体育館に変えての実施です。18日までの3日間行われますが、初日に雨が降って会場変更したのは2年連続で、これは実行委員会としても初めてのこと。

 ここ4~5年の西馬音内盆踊りは、開催期間中に雨模様になる日が多くあり、「湯沢の七夕で雨が降らず、西馬音内に降るようになった」と、以前は湯沢市の七夕絵灯籠まつり(5~7日)では必ず雨が降って、西馬音内は天気に恵まれていたことから、今は逆になってしまった湯沢を羨ましく?思う話も聞こえました。それでも、盆踊りを楽しみにしている人は多く、雨が降っても実行できる体制が整っているのは嬉しいことです。

 総合体育館内は室温が30℃以上で湿度も高く、誰もが汗だくになる状況でしたが、きょうの日を楽しみにしてきた踊り手やお客さんで賑わいました。熱中症の被害もなく、無事に終わってホッとしました。

 明日の夜は天候も回復し、本町通りでかがり火を囲んで盆踊りができるよう、今から祈っています。
f0081443_23290562.jpg
 (写真・体育館での西馬音内盆踊りながら、遠来のお客さんも見入っていました)

# by shouichiro_sato | 2019-08-16 23:38 | 羽後町 | Comments(0)  

成人式

 令和元年羽後町成人式が午後2時から羽後町活性化センターで開催され、130名ほどの新成人が出席しました。
f0081443_20355305.jpg
 (写真・成人式では久しぶりに同級生と再会し、皆さん楽しそうです)

 気温が35℃を超える猛暑の中での成人式ながら、出席した男性は大半がスーツにネクタイ、女性はワンピースやドレス姿。中学生時代に出会ったことがある皆さんですが、二十歳を迎えたきょうは輝いて見えました。

 新成人の皆さんには「今置かれている立場で、一生懸命に頑張ること。何事にもチャレンジしてそれぞれの人生を切り拓いていってほしい」と思います。

# by shouichiro_sato | 2019-08-15 21:09 | 羽後町 | Comments(0)  

台風10号

 大型の台風10号が、四国から九州にかけての西日本に接近しています。きょう午前3時に超大型から大型に変わったとはいえ、午後10時現在の中心気圧は965ヘクトパスカル。風速25m以上の暴風に加え、西日本から東日本の太平洋側では南東側の斜面を中心に、総雨量が1200ミリに達する記録的大雨になる地域があると見られています。

 Uターンラッシュと重なり、新幹線や航空機などが交通機関が乱れ、帰省客の皆さんにも影響が出始めました。

 徳島では12日から始まった「阿波踊り」を、きょうと明日も中止するなど、各地のお盆の行事も大きな影響を受けています。

 台風はこの後、中国地方を縦断して日本海を北上、豪雨の範囲も北日本に拡がりそうですから、心配です。くれぐれもご注意ください。

# by shouichiro_sato | 2019-08-14 23:06 | 今日の出来事 | Comments(0)  

猛暑のお盆

 きょう13日は「お墓参り」。朝から強い日差しがあり、午前中の早い時間に家族で出かけ、先祖のお墓に花を供え、線香をたいて拝んできました。

 それにしても、日中は気温が高くなりました。我が家の室内でも温度計は37℃になり、扇風機を最強にしても「暑いなあ~」。

 (執筆中)

# by shouichiro_sato | 2019-08-13 21:50 | 今日の出来事 | Comments(0)  

外国人雇用状況

 厚生労働省が公表している「外国人雇用状況」によると、2018年の秋田県の外国人労働者数は1953人で、全国最小。他県に比べて受け入れの動きが鈍いためか、14年から5年連続で全国最小となっています。

 過去10年間の伸び率を見ても、最も大きい沖縄は4.79倍で、全国平均は2.59倍なのに、秋田県は1.26倍で全国最下位。東北各県の伸び率は宮城2.98倍、青森2.79倍、福島2.36倍、岩手2.31倍、山形2.02倍とそれぞれ2倍を超えているのに、秋田県の低さが目立ちます。

 全国の外国人労働者数は約146万人。業種別では製造業に従事している人が最も多く、全体の3割。ただ、近年では第3次産業での受け入れが進む傾向が見られ、この約10年では卸・小売業3.38倍、宿泊・飲食業2.90倍となっており、製造業の1.98倍を上回っています。

# by shouichiro_sato | 2019-08-12 21:31 | 秋田県 | Comments(0)  

お盆近づく

 11日は国民の祝日「山の日」で、明日は振り替え休日。そんな訳で、お盆の休みがある今週は、休日が続く職場もあるようです。

 羽後町では道の駅・端縫いの郷でお盆に供える花などを販売する特設コーナーが始まり、西馬音内盆踊り(16日~18日)の会場となる本町通りには観覧席の設置も完了しました。帰省した皆さんなのでしょうか、当地でも県外ナンバーの車を多く見かけます。

 きょうは40歳になった町内の有志が「W成人式」を開き、町の将来を語り合って懇談する集いがありました。お盆期間中は15日に町が主催する成人式があって同級会が開かれたり、還暦に関わる会合があったりと、若い皆さんにとっても久しぶりの再会に話が盛り上がることでしょう。

# by shouichiro_sato | 2019-08-11 21:04 | 羽後町 | Comments(0)  

激しい雷雨

 早朝から、激しい雷と屋根にたたきつつける強い雨の音で目が覚めました。

 テレビでは横手市西部に「記録的短時間大雨情報」が発表されたと伝え、当地でも午前10時過ぎまで断続的に、前が見えないほどの激しい雨が降っています。隣接している由利本荘市東由利では、1時間降水量が観測史上最大となる65ミリを記録しており、当地もそれに近い雨量だったでしょう。

 幸い、冠水や土砂崩れなどの被害はなく、水不足だった田畑にとっては恵み?の雨にとどまった感じですが、一時はこのまま降り続いたらどうなることかと、心配しました。

 さて、きょうからお盆休みの帰省ラッシュが始まり、田舎もにぎわいを取り戻す時。しかし、日本の南海上には非常に強い台風10号があって、15日頃には西日本に接近し、上陸する恐れがあります。お盆のUターンラッシュのタイミングと重なる可能性があるため、心配です。もっとも、日本列島は各地で猛暑が続いており、油断できません。

# by shouichiro_sato | 2019-08-10 19:36 | 今日の出来事 | Comments(0)  

雄勝の花火

 昨夜は湯沢市で「第42回雄勝大花火大会」が開催され、大勢の皆さんで賑わいました。
f0081443_22240543.jpg
 (写真・見事な花火の連続に拍手喝采。湯沢市赤塚の役内川河川敷で)

 今年の大会テーマは「平成から令和へ 語り継がれる 伝統の大華」。全国花火競技大会に出場している大仙市の和火屋、北日本花火興業、小松煙火工業の3社が、創造花火や大玉の競演。音楽にのせて多種多様な花火があがるスペシャルスターマインなど、豪華なプログラムで夜空を彩りました。

 県内ではこの後、11日には大文字まつり花火大会(大館市)と雄物川の花火大会(秋田市)。14日には男鹿日本海花火大会(男鹿市)があり、お盆の後半には各地の行事で花火が見られます。そして、31日は第93回全国花火競技大会「大曲の花火」。花火好きにはワクワクする日が続きます。是非ともお出かけください。

# by shouichiro_sato | 2019-08-09 22:24 | 今日の出来事 | Comments(0)  

給食センター落成

 羽後町が整備を進めていた「学校給食共同調理場(給食センター)」が完成し、きょうは関係者が集って落成式を行いました。

 町の給食センターは昭和44年に設置され、それから50年を経て施設の老朽化が進んでいました。新しいセンターは鉄骨造2階建て、延床面積1943㎡で、総事業費は10億5213万円。一日に約1200食を調理する機能を持ち、町内すべての小中学校に給食を提供するほか、食育教育の場となるように研修室や見学通路も設けられています。
f0081443_08445169.jpg
 (写真・落成式の後、出席者には調理されたばかりの給食が提供されました)

 私の小・中学校時代、入学した学校には給食が無く、時々脱脂粉乳を溶かして飲んだ記憶があり、(給食が行われている)他の学校を羨ましく思ったものでした。その後は全町で始まり、子供たちの健やかな発育に大きく貢献してきたほか、その活動が教育の重要な役割を担うなど、義務教育の現場には必須なものとなっています。

 新しい給食センターは2学期から本格的にサービスを開始しますので、楽しみです。

# by shouichiro_sato | 2019-08-08 22:30 | 羽後町 | Comments(0)