人気ブログランキング |

2020年 05月 11日 ( 1 )

 

「評価せず」

 新型コロナウイルスへの政府の対応について「評価しない」との回答が57.5%、「評価する」は34.1%でした。共同通信社が8~10日に実施した全国電話世論調査に結果です。3月中旬に行った同じ調査では「評価する」が48.3%、「評価しない」が44.3%でしたが、評価しない割合が増えたのは国民一人当たり10万円給付を巡る迷走や、全世帯に布マスクを2枚配布する施策などの影響があると同社は解説しています。

 緊急事態宣言が全国を対象に発出され、それ以降は国民こぞって不要不急の外出を控えて人との接触を避けてきた結果、感染者数も減少傾向になってきたと思われますが、政府への評価は厳しくなっているようです。安倍晋三首相がその都度自ら記者会見し、国民への協力を呼びかけているものの、官僚が用意した原稿を読んでいるようで、心が伝わらないという論評もマスコミでは多くなってきました。

 その上、関係する閣僚の皆さんの記者会見等を見るに、言動が「軽い」ように感じてしまいます。新聞に掲載されている「首相の一日」によると、連日午後4時過ぎから首相官邸でコロナ関連の会議が開かれていますが、出席者の顔触れはほとんど変わらず、時間も短時間。会議の内容は分かりませんが、冒頭に安倍首相が用意された原稿に基づいて発言し、その内容を追認しているような印象ですから、どの部署がコロナ対策の責任を担っているのかはっきりしません。・・・・首相補佐官の名前ばかりが目立ちます。

by shouichiro_sato | 2020-05-11 22:08 | 国政・時事 | Comments(0)