人気ブログランキング |

2019年 12月 05日 ( 1 )

 

「義平福」に感謝

 今年10月に引退した県有種雄牛「義平福」に感謝する集いが開かれ、秋田県の畜産を全国レベルに押し上げた義平福に感謝し、多くの人が参集しました。

「義平福」に感謝_f0081443_20374911.jpg
「義平福」に感謝_f0081443_20381542.jpg
 義平福は平成18年4月17日、羽後町坂ノ下の伊藤永治さん宅で誕生。父は義安福(羽後町仙道・藤原義美さん宅で誕生)、母はふくかつ。平成23年11月に終了した後代検定では、歴代の県有種雄牛において産肉能力が第一位でした。

 第10回全国和牛能力共進会(平成24年・長崎県で開催)では若雄後代検定群で優等賞2席(全国第2位)となり、その後の産子は数々の共進会等で優秀な成績を残しています。すでに生産された子牛は1万1910頭。備蓄されている精液は3万8000本。

 佐竹敬久知事は挨拶で「県民栄誉賞に値する素晴らしい種雄牛であり、秋田の畜産を発展させてくれた」と讃えています。

by shouichiro_sato | 2019-12-05 19:58 | 産業振興 | Comments(0)