人気ブログランキング |

2019年 11月 12日 ( 1 )

 

議員研究交流大会

 都道府県議会議員研究交流大会が開かれ、駒澤大学法学部教授・大山礼子氏の基調講演「新時代における地方議会のあり方」と、「政策立案機能の強化」をテーマとした分科会に参加しました。

f0081443_21372130.jpg
 (写真・分科会では議員提案の条例について意見交換。都市センターホテル)

 議会からの政策提案の強化が求められており、議員や委員会の条例発議が活発になっているものの、具体的な手法が分からなかったり、執行部との調整や議会内での合意形成などに課題があります。分科会では福岡県議会と埼玉県議会の事例報告を踏まえ、活発な意見交換が行われてます。

by shouichiro_sato | 2019-11-12 21:39 | 地方自治 | Comments(0)