人気ブログランキング |

2019年 06月 27日 ( 1 )

 

「ゼロベース」

 6月秋田県議会の最終日、本会議でイージス・アショアを陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)に配備する防衛省の計画を巡り、最大会派の自民党(26人)が提出した「ゼロベースで再検討するよう」に求める意見書案を可決。新屋配備の撤回を求める意見書案は賛成少数で否決されました。

 可決されたのは「イージス・アショアの配備に係る適地調査等について丁寧かつ正確な説明と誠意ある対応を求める意見書」。提出理由は「イージス・アショアの配備について、不安や懸念を抱く地域住民をはじめ、県民の声を真摯に受け止め、各種調査に係る事項等について、他の候補地を含めてゼロベースで再検討・精査したうえで、丁寧かつ正確な説明と誠意ある対応を国に求める必要がある」としています。

 否決された意見書は「イージス・アショアの配備について、配備計画の根幹となる合理性や理論性が破綻し、地域住民との信頼関係も崩壊したと言っても過言ではない状況にあることから、新屋演習場への配備について、計画自体の不備や矛盾を真摯に認め、白紙撤回することを国に求める必要がある」との理由で提出されています。

by shouichiro_sato | 2019-06-27 22:02 | 秋田県議会 | Comments(0)