人気ブログランキング |

2019年 06月 14日 ( 1 )

 

老後資金

 高齢夫婦の老後の資金について、関心が高まっています。金融庁金融審議会の報告書に盛り込まれた試算では、「月に5万円の赤字となり、30年で2000万円が必要」と書かれていましたが、野党からの批判を受けて麻生太郎金融担当大臣は「今までの政府の政策スタンスと違う」として、報告書の受け取りを拒否。想定外?の論争に発展しています。

 ただし、この金額は総務省の家計調査でオープンになっており、よく知られた収支の差で厚生労働省が使っている資料にあったとのこと。「老後の所得確保における私的年金の重要性」を強調した報告書でしたが、「政府の年金政策が破綻しているのでは」との指摘を受け、大臣は「知らぬ存ぜぬ」。事務方(官僚)が「配慮に欠けた」と反省する事態になってしまいました。

 報告書の内容が政府の方針とは違っていても、受け取りを拒否するとは・・・・、何とも肝っ玉の小さい大臣です。

by shouichiro_sato | 2019-06-14 22:01 | 国政・時事 | Comments(0)