人気ブログランキング |

2018年 11月 21日 ( 1 )

 

ふるさと納税

 ふるさと納税の返礼品について、総務省は納税額の3割以下にするよう求めるなど何かと話題になっていますが、湯沢市では10月から「家事代行サービス」が加わり、早速第一号の利用者がありました。

 返礼品としての家事代行サービスは、県外で暮らす市出身者が、ふるさとで暮らす親等へのプレゼントを想定して取り入れたもので、同市では一口2万円の寄付で3時間受けられるとか。

 市内で一人暮らしの女性(86歳)は、首都圏で暮らす次男がふるさと納税の返礼品として家事代行サービスを選んだことで、家事代行業者の女性が部屋や台所などを丁寧に清掃したとのことです。「納税と親孝行」、一石二鳥の出来事ですネ。

by shouichiro_sato | 2018-11-21 22:48 | 地方自治 | Comments(0)