2018年 10月 31日 ( 1 )

 

作況96

 きょう発表された2018年産米の作況指数(10月15日現在、平年作は100)で、秋田県は96の「やや不良」でした。県北、中央、県南のいずれも96で、9月15日現在の前回調査から2ポイント下がっています。

 前回の指数を下方修正するのは10年産米以来8年ぶり。「9月下旬の日照不足により、粒の肥大が進まなかったため」と見られています。結果、10a当たりの予想収量は全県で560kgで、平年を13kg下回っています。

 全国的には山口、福岡、長崎など8県で「やや良」となっているものの、山形や新潟、岐阜、兵庫、岡山、高知など12府県で「やや不良」。北海道は90で全国では唯一「不良」となっています。

by shouichiro_sato | 2018-10-31 23:52 | 秋田県 | Comments(0)