人気ブログランキング |

2018年 10月 28日 ( 1 )

 

地域で伝承

 《 カメラスケッチ・根子番楽 》

f0081443_22014644.jpg
f0081443_22022101.jpg
f0081443_22024521.jpg
 国指定重要無形民俗文化財の「根子番楽」の特別公開がきょう、北秋田市の根子番楽伝承館(旧根子小学校体育館)で開かれ、小・中・高校生の後継者も参加して、見事な舞いを披露しました。 (写真上・根子トンネルを抜けると集落があります。写真中・会場には多くのお客さんが来場しています)

 演目は「口上」に始まり、「露払い」「翁舞」「信夫太郎」「三番叟」「敦盛」。休憩の後に「花番楽」「曽我兄弟」「鞍馬」「鐘巻」。

 このうち「露払い」は小学生の畠山由宇さん(3年)と畠山旻さん(1年)の2人が熱演。「敦盛」は中学生の山田圭人さん(2年)と山田正人さん(1年)。「花番楽」は小学生の栗谷大智さん(2年)と長田丈さん(1年)が舞いました。さらに「鞍馬」(写真下)では弁慶を社会人となってから初舞台という山田淳貴さん、牛若丸は女子で初めてとなる湊穂香さん(小学5年)が舞い、大きな拍手が送られています。

 同番楽は根子番楽保存会(会長・佐藤昭夫さん)によって伝承されており、子供達が参加しています。幕元や囃子方には若手や高校生もいて、軽快な太鼓や拍子板、笛なども見事でした。

by shouichiro_sato | 2018-10-28 22:03 | 秋田県 | Comments(0)