人気ブログランキング |

2018年 10月 27日 ( 1 )

 

来訪神

 文化庁は24日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の補助機関が、「男鹿のナマハゲ」など8県の10の伝統行事で構成する「来訪神 仮面・仮装の神々」を、無形文化遺産に登録するように勧告したと発表しました。11月26日からインド洋のモーリシャスで開かれるユネスコ政府間委員会で、勧告通りに登録が決まる見込です。

 ユネスコは歴史的建造物や自然環境を対象とする「世界遺産」、文書や絵画が対象の「世界記憶遺産」、伝統芸能や祭礼行事などの「無形文化遺産」を登録しており、日本からは無形文化遺産に歌舞伎や和食など計21件が登録されています。

 対象となっている10の行事は、正月などに仮面をかぶったり仮装して家々を訪問するもので、全て国の重要無形民俗文化財に指定されています。

by shouichiro_sato | 2018-10-27 21:55 | 秋田県 | Comments(0)