2018年 10月 15日 ( 1 )

 

消費税率

 安倍首相はきょうの臨時閣議で、来年10月から消費税率を10%に引き上げる考えを示しました。そのうえで、消費の冷え込みを抑えるために、来年度以降の予算編成や税制改正で、幅広い対策を実施する方針です。

 消費税率の引き上げはもともと平成27年10月に予定されていましたが、これまでは景気への悪影響を理由に(引き上げをしないことで国民に信を問う?解散もありましたが・・・)2回に亘って延期。今回は早めに方針を表明することで増税へ向けた既成事実を積み上げ、来夏の参院選への影響を避けるということなのでしょうか。

 ただ、菅官房長官は記者会見で「リーマンショック級の打撃があった場合には、先送りも含めて検討するという政府の方針に変わりはないか」と問われると、「全く変わってない」と述べています。

by shouichiro_sato | 2018-10-15 21:19 | 国政・時事 | Comments(0)