2018年 09月 15日 ( 1 )

 

成瀬ダム

 《 カメラスケッチ・着工式 》

f0081443_17373859.jpg
 成瀬ダムは東成瀬村椿川(成瀬川上流)に建設される洪水調節やかんがい、水道、発電などの多目的ダム。台形CSG構造(砂礫をセメントで固めてつくる)ダムとしては日本最大の規模で、ダム高114.5m、堤頂長755m。総事業費は約1530億円で、2024年の完了をめざす。

f0081443_17375357.jpg
f0081443_17380839.jpg
  昭和58年に秋田県が実施計画調査を開始してから35年。平成9年に建設事業着手、21年には政権交代により検証対象となるダム事業とされ、一時は足踏み(25年に継続が決定)した事業でしたが、26年に基本計画が告示されて事業費と工期が決定。きょうは待望の着工式となりました。 (写真・関係者による鍬入れ式。工事着工号令が出されると、巨大なダンプが動き出しました)

by shouichiro_sato | 2018-09-15 18:10 | 今日の出来事 | Comments(0)