2018年 09月 10日 ( 1 )

 

停電続く

 北海道胆振東部地震では道内全域で停電するブラックアウトが発生しました。北海道電力の基幹発電所で最大出力をもつ苫東厚真火力発電所(厚真町)が地震で停止し、電力需給バランスが崩れたこと他の発電所も自動停止したことで、道内の約295万戸が停電。ようやく昨日までに解消されたものの、同発電所の復旧まで1週間以上かかることから、需要に供給力が間に合わないため、国や道は20%の節電協力を呼びかけています。

 一方、先週に近畿地方を直撃した台風21号では、関西電力管内の2府4県で約210万戸が一時停電。明日で1週間になる今でも、約9530戸で停電が続いています。京都府や和歌山県などの山間部では、停電が長期化する模様です。

 日常生活のエネルギーはほとんどが電気に頼っていますから、都市でも山村でも、停電の影響は甚大です。

by shouichiro_sato | 2018-09-10 22:35 | 事件・事故 | Comments(0)