2018年 08月 27日 ( 1 )

 

「正直、公正」

 9月7日告示、同20日投開票が行われる自民党総裁選挙。安倍晋三首相が昨日、「あと3年、日本のかじ取りを担う決意だ」と述べ、立候補を正式に表明。既に出馬会見をしている石破茂元幹事長と、連続3選を目指す安倍氏との一騎打ちになる模様です。

 安倍首相は党内5派閥の支持を得て、国会議員票(405票)の6割以上を固めたとされ、今は6年前の総裁選で石破氏がダブルスコアで勝利した地方票(405票)の挽回を目指した行動が目立ちます。一方、石破氏は安倍首相の森友・加計学園問題を踏まえ、「正直、公正」な政治姿勢を前面に出し、地方創生や憲法改正などで議論に持ち込み、反安倍世論を喚起したい意向です。

 党の総裁選挙であり、自民党員でなければ投票資格はありませんが、国会議員票で圧倒的に優位とされる安倍氏に対して、実際の党員はどんな判断を下すのか。注目されるのは地方票の結果でしょうか?。

by shouichiro_sato | 2018-08-27 23:04 | 国政・時事 | Comments(0)