人気ブログランキング |

2018年 07月 23日 ( 1 )

 

御嶽海

 きのう千秋楽となった大相撲名古屋場所は、関脇・御嶽海(出羽ノ海部屋・25歳)が13勝2敗で初優勝しました。初日に横綱・稀勢の里、場所中に白鵬、鶴竜の2横綱と新大関・栃ノ心が休場するという異常事態?となったものの、御嶽海の快進撃で終盤は盛り上がる土俵となりました。
f0081443_20041946.jpg
  (写真・初優勝に殊勲賞と技能賞を獲得した御嶽海。NHK総合テレビで)

 幕内で2ケタ勝利を挙げたのは、貴景勝(前頭3枚目・21歳)、豊山(同9枚目・24歳)、阿武咲(同11枚目・22歳)、朝乃山(同13枚目・24歳)などで、大相撲の次世代を担う若手の活躍が目立ちました。千秋楽の御嶽海は豊山と対戦し、大熱戦を展開。最後は豊山の掛け投げに屈して有終の美は飾れなかったものの、今後の相撲が楽しみな一番となりました。

by shouichiro_sato | 2018-07-23 20:22 | スポーツ | Comments(0)