人気ブログランキング |

2018年 04月 24日 ( 1 )

 

最強官庁財務省

 最強官庁といわれる財務省で、事務方トップの辞任が続きました。学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る決裁文書の改ざんで、財務省理財局長から国税庁長官に就任した人に続き、きょうはセクハラ疑惑が報じられた事務次官も辞任しました。二人は同期のエリート官僚ですが、忖度をしてつじつまを合わせるため?に文書を改ざんしたり、テレビ局の女性記者から夜に二人きりで取材を受けるなど、何とも軽率で残念な出来事であったと思います。

 現職の事務次官の辞職は以前にあった接待問題(ノーパンしゃぶしゃぶ事件?)以来の出来事で、セクハラ疑惑に対するその後の対応も中途半端。財務省の権威?もすっかり落ちてしまいましたネ。

 それにしても最近の国会は、こうした出来事の応酬と駆け引きばかりで、肝心の政策についての議論が聞こえてきません。

by shouichiro_sato | 2018-04-24 23:07 | 国政・時事 | Comments(0)