2018年 03月 12日 ( 1 )

 

文書改ざん

 財務省が12日に公表した学校法人・森友学園への国有地売却の決裁文書を書き換えた問題についての調査報告書によると、書き換えや削除などの改ざんが行われた項目は文書14件で、200ヶ所以上に及ぶことが明らかになりました。

 同学園への破格の値引きが表面化したのは昨年の2月中旬。改ざんは同月下旬から始まっていました。当時の財務省理財局長は国会答弁で「政治家の関与は一切ない」として、学園側との価格交渉も否定していました。しかしながら、そうした国会答弁とのつじつまを合わせるため、文書を改ざんしたものと思われます。

 尚、安倍晋三首相は同時期、衆議院予算委員会で「私や妻が国有地の払い下げに関わっていたということになれば、首相も国会議員も辞める」と答弁していました。

by shouichiro_sato | 2018-03-12 23:23 | 国政・時事 | Comments(0)