2018年 02月 28日 ( 1 )

 

魚沼産コシヒカリ

 昨年生産されたコメの味や香りを審査する日本穀物検定協会の「食味ランキング」で、28年連続で最上位の「特A」の評価を得ていた新潟県魚沼産の「コシヒカリ」が、初めて1ランク下の「A」の評価になりました。

 特Aの銘柄は北海道の「ゆめぴりか」「ななつぼし」、青森県の「晴天の霹靂」、宮城県や福島県、大分県の「ひとめぼれ」、宮城県や山形県、島根県の「つや姫」など、34産地の43銘柄。秋田県からは県南の「あきたこまち」が入っています。

 さらに、新品種が参加した「参考品種」では、今年から本格的な販売を開始する「だて正夢」(宮城県)、「雪若丸」(山形県)、「いちほまれ」(福井県)が特Aを獲得しました。良食味米の産地間競争はますます激しくなっていますネ。

by shouichiro_sato | 2018-02-28 21:34 | 産業振興 | Comments(0)