2018年 02月 14日 ( 1 )

 

知事の説明

 県議会初日のきょう、佐竹知事は本会議の知事説明で「人口減少の克服に全力で取り組んでいきたい」と述べました。

 今議会には平成30年度から4年間の県政運営の指針となる「第3期ふるさと秋田元気創造プラン」(成案)が提出されています。知事は第3期プランに込めた「人口減少の克服」「産業振興」「交流人口の拡大」「誰もが元気で活躍できる社会づくり」「未来を支える人材の育成」「地域課題への対応」について、自らの考えを表明。それぞれに具体的な戦略と目標とする数値を示しました。

 尚、平成30年度の一般会計予算額は5802億6000万円で、前年度の6月補正後予算と比較すると、83億17万円の減となっています。人口減少などにより基準財政需要額が減っていることから、地方交付税も伸びが期待できず、ここ数年の当初予算額は前年度を下回る傾向が続いています。

by shouichiro_sato | 2018-02-14 22:19 | 秋田県議会 | Comments(0)