人気ブログランキング |

2017年 12月 18日 ( 1 )

 

世界一

 バトミントン・スーパーシリーズ(SS)ファイナルはアラブ首長国連邦のドバイで17日、各種目の決勝戦が行われ、女子ダブルスでは北都銀行(本社・秋田市)に所属する米本小春(27歳)、田中志穂(25歳)組が、福島由紀、広田紗花組(再春館製薬所)を2-0で破り、初優勝を飾りました。女子ダブルスでの日本勢の優勝は2014年の高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)以来の快挙です。

f0081443_22595748.jpg
f0081443_23002547.jpg
  (写真上・女子ダブルスで世界一決めた瞬間の北都銀行の米本、田中選手。写真下・きょう帰国して記者会見する“ヨネタナ”組。AAB秋田朝日放送「報道ステーション」より)

 女子ダブルスの世界ランキングではタカマツ組など日本チームが上位にひしめいており、ヨネタナ組は決勝の相手ペアには2週間前に行われた全日本総合選手権の準決勝で、ストレート負けしていました。それ故に、世界の舞台で雪辱を果たし、優勝したことは素晴らしいですね。今季から日本のA代表入りしているヨネタナ組、さらなる活躍にエールを贈ります。

by shouichiro_sato | 2017-12-18 23:03 | スポーツ | Comments(0)