人気ブログランキング |

2017年 12月 06日 ( 1 )

 

孤独死

 湯沢市に住む親戚の男性(享年63歳)が亡くなり、昨夜からその対応に追われていました。と言うのも、彼は市内のアパートで一人で暮らしていたために、発見された時にはすでに亡くなっており、警察署をはじめとする様々な皆さんにお世話になってしまいました。少子化で、かつ長寿社会になってくると、こうした事例が増えてくると思われます。

 誰でも体調を壊したり、病気にもなります。そんな「万がいち」の時に、誰かと繋がっていなければ一人で苦しむことになりかねません。今回は偶然に訪ねた中学生が見つけ、(そのご家族の方が)男性が我が家の親戚であることを知っていたことで、連絡が来たものです。

 「連絡がないのは、元気に過ごしていること」とばかり思っていましたので、普段のご無沙汰を反省しています。合掌。

by shouichiro_sato | 2017-12-06 22:08 | 家族・仲間 | Comments(0)