人気ブログランキング |

2017年 05月 11日 ( 1 )

 

サウンド50年

 羽後町軽井沢在住の阿部養助さんが音楽(楽器)に出会ったのは、5歳の時に祖父に買ってもらった1本のハーモニカ。その後、彼のポケットにはいつもハーモニカがあったとか。大曲農業高校1年の時に、クラスメイトから譲り受けたギターが本格的な音楽との出会いになり、クラシックギター、ベンチャーズ、グループサウンズ、フォークソング、そしてオリジナルの曲づくり。

 さらに、津軽三味線とも出会うなど、ギターをつま弾いてから今年でちょうど50年。この半世紀を振り返りながら歌い、演奏をするコンサートが14日(日)、午後1時から西馬音内盆踊り会館で開かれます。

 フォークグループ・かど石でレコードになった「若き百姓よ!」を始め、地域の方の詩に阿部さんが作曲した歌の数々。さらには津軽三味線の曲引きなど、浅野梅祥さんとあべ十全さんをゲスト迎えて楽しいステージが期待されます。

 当日の入場料は1700円。詳細は西馬音内盆踊り会館までお問い合わせください。

by shouichiro_sato | 2017-05-11 22:37 | 家族・仲間 | Comments(0)