人気ブログランキング |

2017年 05月 09日 ( 1 )

 

飛鳥Ⅱ

 国内最大のクルーズ船「飛鳥Ⅱ」(全長241m、5万142t)がきょう午前、秋田港に寄港し、400人を超える乗客がバスやタクシーで、男鹿半島や仙北市角館町など県内各地の行楽地へ向かいました。

飛鳥Ⅱ_f0081443_2253347.jpg
  (写真・「飛鳥Ⅱ」が着岸すると、土崎港囃子や秋田民謡で歓迎。午前11時頃)

 同船は7日に横浜港を出発した「新緑満喫クルーズ」の旅で、秋田港が最初の寄港地。今夜6時には富山県伏木港へ向けて出港し、九州、大阪を経て17日に横浜へ帰港します。

 すでに先月25日には「ダイヤモンド・プリンセス」(全長290m、約11万t)が秋田港に寄港したほか、今年は合わせて26隻のクルーズ船が秋田港に19回、船川港に4回、能代港に3回やってきます。新しい旅のスタイルとして、秋田がクルーズ船の寄港地としてさらに利用されるよう、環境整備を進めていく必要があります。

by shouichiro_sato | 2017-05-09 22:48 | 産業振興 | Comments(0)