人気ブログランキング |

2017年 02月 27日 ( 1 )

 

景況感

 共同通信社が昨年11月から今年1月に全国の自治体を対象に実施したアンケートによると、景況感が一年前と比べて「上向いている」と回答した自治体は15%でした。県内では秋田県と秋田、大館、仙北、羽後の4市町が「上向いている」と答えています。

 県と秋田市は「有効求人倍率が上昇している」。大館市はきりたんぽまつりなどの大型イベントによる誘客増。仙北市と羽後町も、来訪者数が増えたとしています。

 「下降している」と答えたのは13%で、県内では男鹿、にかほ、三種、八郎潟の各市町。男鹿市は人口減少が著しく特に生産年齢人口が減っている。にかほ市は景気が悪化しているとする企業が増えた。三種町は公共工事が減りお金が地域に回ってこない・・・・などと回答しています。

 尚、「変わらない」は66%。無回答が6%ありました。

by shouichiro_sato | 2017-02-27 22:47 | 地方自治 | Comments(0)