人気ブログランキング |

2017年 02月 15日 ( 1 )

 

くまモン商品

 熊本県のPRキャラクターである「くまモン」を利用した商品の昨年の年間売上高は、1280億円にもなり、過去最高になっています。2012年の売上高は約293億円でしたから、4年で4倍を超える急成長です。

 県は関連商品を扱う5252事業者にアンケートを行い、回答した4013事業所の内容をまとめたところ、くまモンのパッケージを使った県産農産物を含む食品が約1095億円。ぬいぐるみなどのキャラクター商品が約186億円。昨年4月に発生した熊本地震の復興支援に活用されたこともあり、関連グッツの販売が好調でした。

 ご当地キャラクターは全国各地の自治体が地域活性化の切り札として制作しており、「くまモン」はその筆頭格。全国に知られるまでになっています。

 さて、秋田県では平成19年の「秋田わか杉国体」を機会に秋田杉をモチーフにした「スギッチ」が登場して県民に親しまれてきましたが、製作者の意向もあって今秋に引退することに。新しくはナマハゲと未来を担う子供ロボットが合体した「んだッチ」に引き継がれます。

by shouichiro_sato | 2017-02-15 22:04 | 産業振興 | Comments(0)