人気ブログランキング |

2017年 02月 11日 ( 1 )

 

紀元祭

 建国記念の日は毎年、羽後町三輪にある元稲田神社(宮司・三輪宜比古さん)で斎行される「建国記念の日」紀元祭に参加し、国の歩みを振り返り、これからの安寧を祈ってきました。45回目となる今年の紀元祭には、秋田県神社庁の戸澤理事(仙北市)や国会議員などを来賓に迎え、同神社の役員・総代、町内外から50人以上が集い、三輪斎主と2人の祭員、2人の伶人により厳粛に行われています。

紀元祭_f0081443_14415047.jpg  《 本殿で輝くシャンデリア 》

 元稲田神社の開創の年代は明らかではありませんが、慶長4年(1599年)奉納の経机が残っており、正徳5年(1715年)には「正一位稲荷大明神」の官位を受領した記録があります。

 御祭神は豊受比売命(とようけひめのみこと)で、通称は「あぐりこさん」「あぐりこ稲荷神社」と呼ばれています。

 現在の社殿は文化13年(1816年)に願主・柳田村文太郎、前郷村佐藤太三郎の建立。

 ところで、社殿には数々の提灯や灯篭の真ん中に、見事に輝くシャンデリアが設置されていました。直会の席上で話題になり、どなたがいつ頃に設置したのか、今度お参りする時には尋ねてみようと思います。 (写真・教えられるまで気づかなかったシャンデリア)

by shouichiro_sato | 2017-02-11 20:21 | 今日の出来事 | Comments(0)