2016年 10月 09日 ( 1 )

 

四十九日

 義父が亡くなってから、早いもので四十九日。きょうは子や孫が集い、横手市にある菩提寺で法要を行って、境内にある墓地に遺骨を納めました。

 葬儀の時もそうでしたが、ご住職からは含蓄のあるお話をいただき、人の一生と生き方について学ぶとともに、亡くなられた方への尊敬の念を強くしました。

 ところで、来月は東京で甥のご結婚式があり、家族で出席することにしています。まさに「別れもあれば新しい出会いもある」のが人生ですから、きょうを精一杯に生きていきましょう。

by shouichiro_sato | 2016-10-09 22:56 | 家族・仲間 | Comments(0)