人気ブログランキング |

2016年 07月 15日 ( 1 )

 

農業新展開

 13日~15日、県議会農林水産委員会の県内調査で、由利本荘市や大仙市、仙北市の園芸メガ団地と大規模な畜産農場等を訪問してきました。

 由利本荘市鳥海では、圃場整備事業と連携してリンドウや小菊、アスパラガスなどを組み込んだ園芸メガ団地に初めて取組む農事組合法人・平根ファーム。中山間地の特徴を活かしアスパラガスのハウスと露地栽培、特別栽培米などを生産している農事組合法人・赤田ファーム(同市赤田)。

 大仙市では園芸品目生産拡大の拠点として、4月から稼働している「JA秋田おばこ園芸振興拠点センター」。県内一の規模と設備で、トマトや花卉など年間30億円の販売を目指しています。中仙地区の園芸メガ団地はハウス104棟を利用してトマト栽培を行っており、年間の販売目標は一億円です。

 仙北市にある(株)秋田仙北夢牧場は肉用牛600頭を飼育する、県内屈指の規模。同市が北海道から誘致した企業で、JA秋田おばこなどとともに現地法人を組織して、黒毛和牛の大規模経営を目指しています。

by shouichiro_sato | 2016-07-15 21:43 | 産業振興 | Comments(0)