2016年 06月 11日 ( 1 )

 

義正大和尚

 「大悲山妙音寺 十九世中興太巖義正大和尚」の本葬儀がきょう、同寺で行われました。

 わが家の菩提寺である大悲山妙音寺は羽後町田代のあるお寺で、檀家は500世帯余り。ご住職の故村上義正さんは5月8日に逝去(享年85歳)。きょうは亡くなって35日に当たる小錬忌で、本葬には同寺のご本家・西蔵寺(羽後町元西馬音内)や義正さんが修行した天龍寺(秋田市新屋)をはじめ、町内外の曹洞宗寺院の関係者や田代地域の檀徒の皆さんなど、多数参加しています。

 本葬儀は厳かに、かつ義正さんのお人柄を偲ぶものでした。(次第は次の通り)

   一、 鎖龕(さがん)起龕(きがん)仏事
             出 喪(すいそう)
             中興免牘(ちゅうこうめんどく)
   二、 奠湯(てんとう)奠茶(てんちゃ)秉炬(ひんこ)仏事
             奠 湯 仏 事
             奠 茶 仏 事
             秉 炬 仏 事
       弔 辞
       謝 辞
   三、 小 錬 忌

 十九世中興太巖義正大和尚の遺偈(ゆいげ)は

     重馬齢八十五年  (馬齢ヲ重ネルコト八十五年)
     吾愛大悲山清水  (吾ハ愛ス大悲山ノ清水ヲ)
     誰知妙音萬古響  (誰カ知ラン妙音ノ萬古ニ響クヲ)
     所冀只山門康寧  (冀ウ所ハ只山門ノ康寧) 

by shouichiro_sato | 2016-06-11 22:29 | 今日の出来事 | Comments(0)