人気ブログランキング |

2016年 03月 23日 ( 1 )

 

山梨県議会

 山梨県議会は2月県議会最終日の23日、議長に対する不信任決議案が可決され、平成28年度予算案を含む45の審議案件がすべて審議未了で廃案になる、異例な事態?となっています。

 不信任の要因は「議長の議会運営が公平でない」というものですが、不信任案可決そのものは法的な拘束力を持っていないため議長は居座り。結局は閉会時刻の午後5時までに会議を開けず、流会に。

 予算が成立しなければ県民生活への影響は必須で、今後は知事が専決処分するか臨時議会を招集して再審議を求めることになります。ただし、現議長のもとでは審議に応じられないという議員が多数であることから、専決処分でしょうネ。

by shouichiro_sato | 2016-03-23 23:30 | 地方自治 | Comments(0)