人気ブログランキング |

2016年 02月 01日 ( 1 )

 

岡山県

 県議会議会運営委員会の調査活動で岡山県議会を訪問しました。

 調査項目は議会改革に関する事項で、大学との連携や開かれた議会への取り組み。議員定数の状況等について、議会事務局関係者から具体的な話を聞いています。

 大学との連携事業は「政策課題の解決に向けた立案を行うための研究」を目的として平成23年11月に設置され、翌年の1月以降、大学教官によるセミナー形式での会合を開いており、今まで17回実施。

 議員定数(条例改正前は56)の見直しでは、強制合区により1名減としたものの、公職選挙法第15条第8項のただし書きを適用し、地域間の均衡発展を考慮して他の選挙区は従前の定数を維持。現在は55となっている。今後は平成27年国勢調査の結果公表後に、協議が行われる見通しとのことです。

by shouichiro_sato | 2016-02-01 23:02 | 秋田県議会 | Comments(0)