人気ブログランキング |

2015年 11月 27日 ( 1 )

 

シリア難民

 ヒューマンクラブ(会長・西木正明さん)の創立45周年記念講演会が開かれ、ドキュメンタリーフォトグラファー・小松由佳さんから、シリア難民の現状についてのお話を聞きました。

 小松さん1982年に秋田市で生まれ、2006年には日本人女性として初めて世界第二の高峰K2(8611m)に登頂。植村直己冒険賞や秋田県民栄誉章を受章しています。その後、自然と共に生きる人間の暮らしに惹かれるようになり、2008年より東アジアの草原や西アジアの砂漠に生きる放牧民の生活を訪ね、写真撮影を行ってきました。

 近年はシリア内戦による難民の暮らしを取材し、紹介する活動を行っており、シリアに隣接するトルコの街で出会った人々の様子を、写真を見ながら話をしてくれました。

 シリアで起きている悲惨な状況は、政治のみならず宗教、人種など複雑なことが絡んでおり、解決の糸口が見えません。国外へ脱出した人や国内に残っている人も合わせると、1000万人を超える難民がいるとのこと・・・・・。

f0081443_15433857.jpg
  (写真・難民の皆さんの写真を紹介して話す小松由佳さん。秋田市の大町ビルで)

 それにしても、(久しぶりに会った)小松さんの新たな生き方にも目頭が熱くなりました。

by shouichiro_sato | 2015-11-27 23:35 | 社会・話題 | Comments(0)