人気ブログランキング |

2015年 08月 26日 ( 1 )

 

男鹿市を訪問

 県議会農林水産委員会は今日から、県内調査。最初に男鹿市を訪問し、園芸メガ団地や県水産振興センターで意見交換をしました。

 コメ依存体質からの脱却を図り、地域農業を活性化させる起爆剤として、野菜や花卉の大規模生産を実現する「園芸メガ団地」。男鹿・潟上地区では、秋田みなみ農協(吉田文勝組合長)が事業主体となり、認定農業者2人と新規就農者4人による6経営体がビニールハウス20棟と露地8haの圃場で、輪ギクと小ギクの栽培に取り組んでいます。メガ団地の年間目標販売額は1億円以上です。

男鹿市を訪問_f0081443_21243944.jpg
   (写真・ハウスの中では輪ギクの周年栽培が行われています。男鹿市船越)

by shouichiro_sato | 2015-08-26 22:58 | 産業振興 | Comments(0)