人気ブログランキング |

2015年 08月 19日 ( 1 )

 

文化の継承

 今年の「西馬音内盆踊り」も、無事に終了しました。中日は雨の予報で町総合体育館で行なわれましたが、初日と最終日は本町通りで実施され、踊り手はそれぞれ約1000人。町内はもちろん、県内外の踊りのファンも多く参加しています。

 西馬音内盆踊りは、羽後町西馬音内で行なわれてきたお盆の伝統ある民族行事であり、踊り方や衣装には一定のルールがあります。踊り方をしっかりマスターしていただき、衣装も相応しいものにしていただければいいのですが、県外から参加されていると思われる方の中には、「もう少し勉強?してほしい」という人も見受けられました。

 一方、地元の方が中心の「囃し方」は、幅広い世代にしっかり継承されています。羽後中の盆踊りクラブと羽後高校の郷土芸能部、それに保存会の活動が後継者をしっかり育成。本番の3日間は、西馬音内盆踊り会館に特設された櫓で、お囃子や地口に大活躍でした。

文化の継承_f0081443_21333129.jpg
 (写真・老若男女のメンバーが、軽快なお囃子で盛上げます。18日午後11時20分)

by shouichiro_sato | 2015-08-19 21:37 | 地域活動 | Comments(0)