人気ブログランキング |

2015年 08月 11日 ( 1 )

 

熱闘甲子園

 6日に開幕した第97回全国高校野球選手権大会。昨日の2回戦から登場した秋田商業は、龍谷(佐賀県)に3-1で勝ち、ベスト16(3回戦)に一番乗り。大会11日目(16日)の第一試合で、ベスト8をかけて戦います。

 秋田商業はエース・成田翔(3年)が、16三振を奪う快投。1回に4番・小南(3塁・2年)のライト前ヒットで先制。龍谷は5回、連打で同点に。秋田商業は6回と7回に、2死満塁のチャンスがありながら、無得点。しかし、8回にはスクイズを失敗したものの、2死1、3塁から工藤(捕手・3年)と会田主将(中堅・3年)のタイムリーで、2点を勝ち越しました。

 成田は1回を3者連続三振で抑えると、その後もアウトコースの直球やスライダーで三振の山を築き、9回も3連続三振を奪う圧巻の力投でした。

 それにしても、甲子園では連日、熱闘が続いています。今日の2回戦、高岡商(富山県)と関東第一(東東京)は、関東第一が3回までに8点リードするものの、6回に高岡商が追いつき同点。さらに両チームがそれぞれ2点を追加する乱打戦。8回裏に勝ち越した関東第一が、12-10で勝ちました。

 一日の終わりに、AAB秋田朝日放送「熱闘甲子園」で、きょうの熱戦を振り返っています。

by shouichiro_sato | 2015-08-11 23:45 | スポーツ | Comments(0)