人気ブログランキング |

2014年 12月 25日 ( 1 )

 

原油価格

f0081443_23123661.jpg  ガソリンの値段が下がっています。普段利用しているガソリンスタンドでは、「レギュラー141円」の表示が続いています。

 円安が進み、1ドルが120円前後となっているものの、ガソリンがこれほど安くなっているのは、原油価格が下落しているため。原材料を輸入に頼っている食料品などが値上りしてきている中で、ガソリン価格が下がっていることは、なによりです。

 (写真・由利本荘市岩城にあるJAのスタンド)

 ガソリン価格は消費税が増税された今年4月にイッキに5円程度値上りし、その後も国際情勢の不安を受けた原油の高騰が続き、6月中旬には170円前後になるなど、上昇傾向にありました。

 原油価格の下落は、世界的な原油の供給過剰が背景にありながら、OPEC(石油輸出機構)が減産しない方針を決めており、まだまだ下がる模様です。

by shouichiro_sato | 2014-12-25 23:42 | 社会・話題 | Comments(0)