人気ブログランキング |

2014年 12月 19日 ( 1 )

 

全国地震動予測地図

 政府の地震調査委員会はきょう、今後30年以内に震度6弱以上の揺れが起きる可能性について、確率の分布を示した「全国地震動予測地図」を公表しました。

f0081443_945599.jpg 大震災の教訓を踏まえたもので、不確実性を重視して計算し直し、地盤の揺れの増幅率も再検討された結果、確率の高まった地域が多くなっています。確率の高いのは北海道根室地方、三陸~房総沖、相模トラフ、南海トラフ沿い、糸魚川~静岡構造線断層帯周辺です。

 また、都市部でも従来より多様な地震を考慮したことより、東京都新宿区46%(昨年比20ポイント増)、横浜市78%(同12ポイント増)、千葉市73%(6ポイント増)になるなど、上昇しています。
 (写真・毎日新聞より)

by shouichiro_sato | 2014-12-19 22:32 | 社会・話題 | Comments(0)