人気ブログランキング |

2014年 10月 08日 ( 1 )

 

青色LED

 信号機や大型ディスプレー、照明、携帯電話などに使われているLED(青色発光ダイオード)を開発した名城大学教授・赤崎勇教授(85歳)と名古屋大学・天野浩教授(54歳)、米国カリフォルニア大学サンタバーバラ校・中村修二教授(60歳)の3人が、今年のノーベル物理学賞に決まりました。

 LEDはろうそく、電球、蛍光灯に続く「第4世代の光」として、今や世界に普及しています。受賞は「高輝度でエネルギー効率の良い白色光源を可能にした効率的な青色LEDの開発」として、社会に普及する礎を築いたことが評価されています。

f0081443_905786.jpg
  (写真・赤崎、天野、中村3氏のノーベル賞受賞を伝える、8日の新聞各紙)

by shouichiro_sato | 2014-10-08 22:37 | 社会・話題 | Comments(0)