人気ブログランキング |

2014年 04月 28日 ( 1 )

 

新人が躍進

 きのう27日に投開票が行なわれた、にかほ市議会議員選挙(定数20人-21人が立候補)は、29歳の新人が2544票を獲得し、ダントツのトップ当選(最下位当選は351票)。市発足以来初めて20代の市議が誕生し、新人5人のうち4人が当選しました。

 先週20日に投開票された能代市議会議員選挙(定数22人)には30人が立候補し、新人6人が当選。大混戦の中でトップ当選したのは36歳の新人で、当選した新人全員が上位11番以内に入る大健闘でした。県内最年少となる26歳の議員も誕生しています。

 さらに、13日に投開票された仙北市議会議員選挙(定員19人-21人が立候補)では、少数激戦を勝ち抜き、27歳の新人も議席を獲得しています。

 最近の市町村議会議員選挙では60代以上の立候補者が多い中で、この度は「若手の躍進」が目立ちました。立候補する決意はもちろんのこと、「地域のために頑張ろう」という情熱に嬉しくなりました。

by shouichiro_sato | 2014-04-28 20:24 | 地方自治 | Comments(0)