人気ブログランキング |

2014年 04月 21日 ( 1 )

 

計算ミス

 生活保護を申請したのに、職員の計算ミスで受給できなかったと思われる事案が、2008年4月から今年1月までの間に、70件(61世帯)発生していました。保護申請者の収入と預貯金(手持ち金)を、二重に計上していたもので、回避策を講じていませんでした。

 ミスを確認されたのは県南福祉事務所(10世帯11件)のほか、北秋田市(2世帯2件)、潟上市(3世帯3件)、大仙市(8世帯8県)、仙北市(27世帯35件)、横手市(11世帯11件)です。ただ、市民団体「県生活と健康を守る会連合会」の調査では、12事務所で約120件のミスがあったと発表していました。

by shouichiro_sato | 2014-04-21 23:57 | 秋田県 | Comments(0)