人気ブログランキング |

2014年 02月 24日 ( 1 )

 

不退転の決意

 県議会はきょう代表質問が行なわれ、柴田正敏議員(自民)と渡部英治議員(新みらい)が登壇し、減反政策の見直しなどで転換期を迎えている農業の今後について質問。これに対して佐竹敬久知事は「県農業の再構築に不退転の決意で臨む」と答弁しました。

 国は5年後に減反を廃止するなど、新しいコメ政策を打ち出していますが、佐竹知事は「減反が廃止されるまでの4年間の取り組みが、秋田県の今後の農業を決める道筋として重要だ」と述べ、コメに偏った生産構造の転換をさらに進める意欲を示しています。

by shouichiro_sato | 2014-02-24 22:00 | 秋田県 | Comments(0)