人気ブログランキング |

2014年 02月 14日 ( 1 )

 

「あけぼの」

 上野-青森間を秋田県内経由で結ぶJR東日本の寝台特急「あけぼの」(1日1往復)が、ダイヤ改正により来月15日で廃止されることになりました。

 山形新幹線の工事が始まるまでは奥羽本線・東北本線経由で運行され、その後は羽越線経由になったものの、秋田と東京を結ぶ唯一の寝台列車で、私も湯沢駅や羽後本荘駅から時々利用していました。廃止は利用者の減少や車輌の老朽化によるものですが、夜行列車(ブルートレイン)は「貴重な足」だっただけに、JRには今後、季節運行などの方策を検討してもらいたいものです。

 ラストランとなる3月14日の上野発、青森発の「あけぼの」の切符は、きょう午前10時の発売開始と同時に、何んと0秒?で売り切れたとか。昨年12月に廃止を決めてからは、「なくなる前にもう一度乗っておきたい」という人が急増し、予約が取り難くなっていましたが、さらに特別なようですネ。

「あけぼの」_f0081443_8233693.jpg
  (写真・寝台特急「あけぼの」は連日満席。きょうの秋田魁新報「キップ情報」より) 

 さて、きょうは「バレンタインデー」で、金曜日。何かと楽しい計画があったと思いますが、西日本から関東・甲信地方にかけては、先週末に続いての「大雪」となっています。夕方からは各地で交通機関の乱れが始まっています。

by shouichiro_sato | 2014-02-14 22:16 | 社会・話題 | Comments(0)