人気ブログランキング |

2013年 01月 30日 ( 1 )

 

スポーツと暴力

 ロンドン五輪選手を含む日本代表の女子柔道選手15人が去年の12月、ナショナルチームの監督とコーチから暴力行為やパワーハラスメントを受けたとして、日本オリンピック委員会(JOC)に告発していたことが明らかになりました。

 全日本柔道連盟の調査に対して、監督は指導の過程で暴力行為を行っていたことを認めています。またオリンピック元日本代表選手は「柔道界では指導者がたたくことはよく見かけるし、氷山の一角に過ぎない」と述べ、暴力行為が恒常的に行われていると説明しているとか。高校の運動部だけでなく、日本トップクラスの活動でも暴力行為等があるとは・・・・。

by shouichiro_sato | 2013-01-30 23:01 | 社会・話題 | Comments(1)