人気ブログランキング |

2012年 10月 04日 ( 1 )

 

ホッケー王国

 ぎふ清流国体ホッケー競技は、きょうが最終日。女子の少年と成年の決勝戦が行われ、岐阜県がともに優勝。ホッケー王国・岐阜は、総合優勝も3連覇です。

f0081443_21494176.jpg
  (写真・成年女子で5連覇を達成した岐阜県チーム。岐阜県グリーンスタジアム)

f0081443_885711.jpg 成年女子の岐阜県はソニーHCと東海学院大学の選手によるチームで、ロンドンオリンピックに出場した「さくらジャパン」の主要メンバー5人を擁する強豪。しかし、決勝で対戦した広島県(コカコーラウエスト)も西の強豪で五輪選手が含まれており、緊迫した試合展開で前半は0-0。後半5分、岐阜は山本由佳理選手からのパスに佐藤雅子選手がタッチして先制し、そのまま守りきり1-0で勝利しました。

 少年女子は岐阜県(各務野高校)が栃木県(今市高校)に7-0で圧勝し、3連覇。

 (写真・総合優勝のトロフィーを手に笑顔の主力メンバー。5年前の「秋田わか杉国体」に出場した選手も頑張っていました)

 岐阜県ホッケー協会の横山秀会長は、日本ホッケー協会の副会長で女子強化本部の責任者。ロンドン五輪にも選手団の責任者として「さくらジャパン」に同行しており、本拠地でのホッケー王国岐阜の大活躍に喜んでおりました。

by shouichiro_sato | 2012-10-04 21:52 | ホッケー | Comments(0)